ページトップへ

社会医療法人三栄会 ツカザキ病院 基幹型臨床研修病院社会医療法人三栄会 ツカザキ病院 基幹型臨床研修病院

当院へのアクセス 079-272-8555
三栄会のご紹介
文字サイズ
検索
079-272-8555
アクセス

主要設備機器

Top > 当院について > 主要設備機器

主要設備機器

O-arm

O-arm
O-armは、Oの形をした装置の中でX線管球とフラットパネルディテクタが360度回転し、手術室内で透視画像やCT画像のような3D画像を撮影することができる装置です。
手術中にO-armで撮影したリアルタイム3D画像情報をナビゲーションシステムに飛ばして使用します。
3方向からインプラントなどの位置確認をしながら手術が行え、術後確認のための撮像も手術室内でできますので、CT室に移動して撮影するよりも患者さんの負担が軽減できます。
また複雑な脊柱の変形や頚椎手術、靭帯骨化症や脊椎脊髄腫瘍の摘出術などにおいても、患者さんの背骨の三次元的位置情報をリアルタイムにかつ高精度に把握できますので、安全で正確な手術が可能となります。

C-arm

C-arm
DRMが搭載されており高画質で、画像透視/撮影実現のためのイメージング・パラメータが自動的に設定される等の優れた操作性により低侵襲での外科手術をサポートします。

手術ナビゲーションシステム 
(StealthStation S7)

手術ナビゲーションシステム(StealthStation S7)
手術前に撮影した患部の画像上に、手術中の器具を表示させ、術中の器具の位置確認を行う画像支援システムです。
これにより、医師は3次元的な術野を把握しながら手術を進めることができ、より安全で的確な作業が可能です。

体外衝撃波結石破砕装置

体外衝撃波結石破砕装置
体外で発生させた衝撃波を集束させて、これを腎や尿管の結石につたえ結石を砂状に破砕します。
そして砂状になった結石は、尿の流れとともに自然に排出されます。開腹手術をせずに体内の結石を砂状に細かく砕くことが可能なため患者さんへの負担が少なく済みます。

CTスキャンシステム 
64列マルチスライスCT

CTスキャンシステム 64列マルチスライスCT
CTは体の断面像(輪切り像)を撮影する検査です。
この度、その中でも最新の64列CTを当院は導入致しました。 従来のCTよりも高速、高画質、低被ばくを実現。特に今まで難しかった心臓の検査において効果を発揮します。

MRI(磁気共鳴画像)
6SIGNA EXCITE 1.5T

MRI(磁気共鳴画像)6SIGNA EXCITE 1.5T
強い磁場と特殊な電波によって、脳や脊髄・内臓・筋肉・関節・血管などを画像化します。
脳梗塞も3時間以内に治療が開始されれば各段に治療効果が期待されます。 当院では、24時間体制で「早期確定診断」を行っています。

PET-CT

PET-CT
ガン細胞に集まる薬剤を投与し、PET-CTでその体内分布を撮影することで 全身のガンを発見することができます。
※ツカザキクリニックに設置しております。

血管撮影システム 
FPDデジタル
アンギオグラフィーシステム

血管撮影システム FPDデジタルアンギオグラフィーシステム
全身のあらゆる部位の血管を撮影することができる装置です。
当院では、特に狭心症や心筋梗塞に対する診断治療、心臓カテーテル、脳血管の診断治療を主に行っています。
冠動脈(心血管)形成術
冠動脈(心血管)形成術 治療前
治療前
冠動脈(心血管)形成術 治療後
治療後
脳動脈瘤血管内手術
脳動脈瘤血管内手術 治療前
治療前
脳動脈瘤血管内手術 治療後
治療後

血管内焼灼用高周波(ラジオ波)治療機器

血管内焼灼用高周波(ラジオ波)治療機器
下肢静脈瘤治療に用いる機器で、従来のレーザー治療と比べ、静脈の閉塞成功率が高く、術後の痛みや炎症、内出血などを少なくすることが可能です。