ページトップへ

社会医療法人三栄会 ツカザキ病院 基幹型臨床研修病院社会医療法人三栄会 ツカザキ病院 基幹型臨床研修病院

当院へのアクセス 079-272-8555
三栄会のご紹介
文字サイズ
検索
079-272-8555
アクセス

主な疾患 主な疾患

Top > 診療のご案内 > 心臓血管外科 > 主な疾患

冠動脈バイパス治療

虚血性心疾患とは、心臓の冠動脈が狭窄または閉塞し、血流が阻害される病気です。
下腿静脈(大伏在静脈)動脈(内胸動脈)を使って、冠動脈の閉塞部分の先に吻合する冠動脈バイパス術で治療を行います。
これにより、血流は狭窄や閉塞のある部位を通らず迂回して流れるようになります。

心臓弁膜疾患

弁膜症(逆流や狭窄)が進行して、心不全が重症となり、薬では改善が望めなくなった場合、弁を修復したり,あるいは人工の弁に取り替える(置換する)治療が必要となります。

胸部大動脈瘤

心臓から全身に血液を送るための通り道となるのが大動脈です。
大動脈瘤は、この大動脈の壁が弱くなって、局所的に瘤のように大きくなる病気です。破裂すると大出血し、死に至りますが、適切な時期に、適切な治療を行えば破裂を未然に防ぐことができます。

腹部大動脈瘤

腹部大動脈瘤は破裂した場合90%(※1)の確率で死にいたる致死的疾患です。しかし現在では動脈瘤が破裂する前に手術を受ければ救命することが可能になってきています。

下肢静脈瘤

だるい、痛い、むくみなどがよくみられ、足がつる、いわゆる「こむら返り」もしばしば認められます。自覚症状がなく美容上の問題を主訴とする場合も少なくありません。
・ラジオ波治療
診療科一覧