ページトップへ

社会医療法人三栄会 ツカザキ病院 基幹型臨床研修病院社会医療法人三栄会 ツカザキ病院 基幹型臨床研修病院

当院へのアクセス 079-272-8555
三栄会のご紹介
文字サイズ
検索
079-272-8555
アクセス

胸部大動脈瘤 胸部大動脈瘤

Top > 診療のご案内 > 心臓血管外科 > 主な疾患 > 胸部大動脈瘤

胸部大動脈瘤

胸部大動脈瘤 イメージ 心臓から全身に血液を送るための通り道となるのが大動脈です。大動脈瘤は、この大動脈の壁が弱くなって、局所的に瘤のように大きくなる病気です。破裂すると大出血し、死に至りますが、適切な時期に、適切な治療を行えば破裂を未然に防ぐことができます。動脈瘤の原因により、真性、仮性、解離性の3つに区別され、形状により、紡錘状、嚢状の2つに区別されます。
胸部大動脈瘤 イメージ 拡大してくれば瘤による圧迫症状により、声のかすれ、むせが生じることがありますが、通常破裂するまでほぼ無症状です。破裂した場合には、胸部から背部にかけて突然、激痛が走ります。痛みの部位は移動することもあります。
解離の場所によっては、心臓や脳、腹部臓器、下肢などの血管がつぶれてしまうことがあり、臓器虚血症状が出現します。最も心臓に近い上行大動脈に解離が起きた場合には、救命のために緊急手術が必要となります。
定期的にCT検査、MRI検査、超音波エコー検査などを行い、瘤の形態や大きさ、部位などを正確に調べます。大きくなってくるようなら治療が必要となります。治療は、人工血管置換術、ステントグラフト内挿術の2つがあります。

治療

●ステントグラフト治療
胸部大動脈瘤 術前
術 前
胸部大動脈瘤 術後
術 後
診療科一覧