ページトップへ

社会医療法人三栄会 ツカザキ病院 基幹型臨床研修病院社会医療法人三栄会 ツカザキ病院 基幹型臨床研修病院

当院へのアクセス 079-272-8555
三栄会のご紹介
文字サイズ
検索
079-272-8555
アクセス

眼科 眼科

Top > 診療のご案内 > 眼科 > 弱視、およびその治療
  • 疾患説明シリーズ Part1 緑内障について
  • 疾患説明シリーズ Part2 網膜前膜について
  • 疾患説明シリーズ Part3 流涙について
  • 疾患説明シリーズ Part4 加齢黄斑変性について
  • 疾患説明シリーズ Part5 多焦点眼内レンズと乱視用眼内レンズ
  • 疾患説明シリーズ Part6 網膜血管閉塞疾患について
  • 疾患説明シリーズ Part7 円錐角膜について
  • 疾患説明シリーズ Part8 糖尿病網膜症について
  • 疾患説明シリーズ Part9 強度近視眼底
  • 疾患説明シリーズ Part10 網膜色素変性症について
  • 疾患説明シリーズ Part11 飛蚊症と網膜剥離
  • 疾患説明シリーズ Part12 角膜疾患
  • 疾患説明シリーズ Part13 斜視について
  • 疾患説明シリーズ Part14 ドライアイについて
  • 疾患説明シリーズ Part15 黄斑円孔について
  • 疾患説明シリーズ Part16 ぶどう膜炎について
  • 疾患説明シリーズ Part17 眼瞼疾患について
  • 疾患説明シリーズ Part18 ロービジョンについて
  • 疾患説明シリーズ Part19 眼圧、緑内障、視野検査について
  • 疾患説明シリーズ Part20 色覚異常について
  • 疾患説明シリーズ Part21 弱視、およびその治療
  • 疾患説明シリーズ Part22 硝子体注射について

ツカザキ病院眼科 疾患説明シリーズ Part21 弱視、およびその治療 ツカザキ病院眼科 疾患説明シリーズ Part21 弱視、およびその治療

弱視について

  • 弱視、およびその治療
    田淵
    当科の小児眼科医療は、清水有紀子先生、顧問の田淵昭雄先生がゼロから立ち上げられて、現在たくさんの患者さんが通院されています。楠本先生は、増大する小児患者さんのニーズに対応するために、小児科専門医でもある経歴から、当科の小児眼科チームに参加されました。さっそくですが、「弱視」という言葉自体、なかなかにキツイ「医学的」表現になりますね。これは医学的にどのような状態を指す言葉なのでしょうか。
    楠本 医学的な「弱視」とは、子供の頃に何らかの理由で物をはっきりと見ることができなかったために、映像を受け止める脳の部分が成長できず止まってしまった状態のことをさします。弱視の判定をするときの視力には裸眼(眼鏡なしの)視力ではなく、矯正(眼鏡をかけた)視力を用いて行うのですが、弱視で幼い時に視力の成長が止まると、成人後に一見病気がないのに、眼鏡をかけた視力が低くなります。このような人は、眼鏡やコンタクトレンズをしても、一度も1.0が見えたことがありません。病気やケガで、一度は良く見えていた方の視力が下がった状態は医学的には低視力やロービジョンと言い、弱視とは区別します。
    弱視、およびその治療
  • 田淵
    なるほど、つまり小児からお年寄りまで、「弱視」というのは疾患概念としては珍しくないわけですか。
    ただ、今回は、小児期の「弱視」その中でも、視力の発達が遅れているという時期の「弱視」についてお話しをお聞きしたいと思います。まず、「視力の可塑性」という難しい概念がありますが。これについて分かりやすく説明していただけますか。
  • 楠本
    もともと人間は生まれたときからはっきりものが見えているわけではありません。生まれた後に鮮明な映像を見ることによって、脳の見ることをつかさどっている部分が発達します。脳の見ることをつかさどっている部分が最も伸びる時期のことを「視覚の感受性期間」と呼んでいます。
    人間の視覚の感受性は、生後1か月から上昇しはじめ1歳半頃ピークに達し、その後徐々に減衰してだいたい8歳頃までに消失すると考えられています。
    弱視、およびその治療
  • 楠本
    感受性期間内ならば、視力は、両方の目に「物がはっきり見える」ことによって発達しますが、「物をぼんやりと見ている」状態では発達しないばかりか、低下する可能性があります。このように、視覚の感受性期間内では、視力は変化しうる性質を持つため、このことを「視力の可塑性」と言います。しかし、最近は年齢が上がっても治療によって視力が向上する可能性があると言われています。当院でも10代から改善したケースがありますが、改善しない事もあり、感受性期の早い時期から治療をするほうが圧倒的に有利です。
    弱視、およびその治療
  • 田淵
    身長に例えると分かりやすいかもしれませんね。身長は中高生の時に最も伸びるように、視力が最も伸びる時期は1歳半からで、30歳になって背が伸びないように、視力の発達も年々難しくなっていくということに似ていますね。

    それでは、弱視の原因というのにはどんなものがあるのでしょうか。
  • 楠本
    はい、原因としては、①ピントが合わず(強い遠視や乱視等)目の奥にはっきりとした映像が映らなかったり、左右で見え方が違う場合、②黒目やその奥に濁りがあり邪魔になる場合、③視線がずれていつも片目で見ている(常にどちらかの目がずれている斜視)場合があります。
  • 田淵
    なるほど、いろいろな原因がありますね。となると治療法というのも原因によって異なるのでしょうか。
  • 楠本
    弱視、およびその治療
    弱視の治療では、ピントが合わないことを直すためには、眼鏡をかけて治療をします。眼鏡をかけることにより、「ぼやけた像」が「はっきりとした鮮明な像」として見えるようになります。眼鏡をかけずに鮮明な像を見ない状態では視力は良くなりませんので、眼鏡をかけることが大切になります。そうすることでよく見えると理解した子どもは、自分から進んで眼鏡を使用するようになります。

    また、視力の悪い方の目を使うことを促すために、視力の良い方の目に眼帯のような遮閉具(アイパッチなど)を付けて治療を行います。この治療を、健眼遮閉(けんがんしゃへい)といいます。アトロピンという目薬を視力の良い方の目に点眼をする治療を行う場合もあります。これも健眼遮閉と同様、視力の悪い方の目を使うことを促す治療です。
    視線がずれて片目で見ている場合は、斜視手術による目の位置の矯正を行うことがあります。
    黒目やその奥に濁りがあり邪魔になる場合には、その原因への手術を行います。
    弱視、およびその治療
  • 田淵
    屈折矯正を基本として、良い方の目を一定時間遮閉(健眼遮閉)をしたり、外科的に手術をして原因疾患を治療したりとバリエーションがいろいろあるのですね。

    今回は健眼遮閉による治療について、もう少し詳しく説明していただけますか。
  • 楠本
    健眼遮閉による治療は、視力の良い方の目を遮閉し、視力の悪い目を積極的に使わせて、その発達を促す治療法です。良い方の目を遮閉するための遮閉具は、絆創膏タイプ(アイパッチ)の遮閉具と、眼鏡装着型の布製の遮閉具が販売されており、最近ではいろいろなタイプのものがでています。子供の好みに合わせて絵が描いてあるものや、皮膚が弱かったり汗でシールがはがれやすい子供の場合には布製の遮閉具を選択することが可能です。
    弱視、およびその治療 弱視、およびその治療
  • 田淵
    なるほど、遮閉シールにも専用のものがあったりするんですね。
    健眼遮閉治療の時の診察の頻度はどれくらいなのでしょうか。
  • 楠本
    おおむね1~4か月ごとの診察になると思います。最終的には、それぞれの患者さんの弱視の原因の違いや年齢、治療開始直後なのか、視力が改善傾向なのかなど、それぞれの患者さんの状況に応じて変わってきます。
  • 田淵
    弱視治療は成功することが多いのでしょうか。
  • 楠本
    弱視は、それぞれの患者さんにより原因が異なり、また弱視の発症年齢や発見される年齢もそれぞれ異なっていますので、一概には言えないところがあります。しかし、弱視は、早期に発見され適切な治療が受けられれば、その予後はおおむね良好であると思います。適切な治療のためには、眼鏡装用、健眼遮閉や点眼の治療を、ご家庭で継続して行っていただくことが非常に大切です。ある報告によりますと、弱視治療開始年齢などによる違いはありますが、全体としては、治癒率は8割~9割以上と報告されています。
  • 田淵
    当科が位置する姫路市では姫路市眼科医会が中心となって、3歳児健診での弱視児童発見に熱心に取り組んでいます。
    弱視治療における3歳児健診の重要性についてご説明ください。
  • 楠本
    繰り返しになりますが、弱視の治療で大切なことは早期に発見して早期に治療を開始することです。視覚の感受性期間を過ぎてから治療を始めた場合、視力の発達の可能性は残念ながら小さくなってしまいます。そのため、3歳児健診は弱視を早期に発見するためにとても重要な機会といえます。3歳児健診は、多くの場合一次検査と二次検査があります。一次検査として家庭で視力検査が行われています。二次検査は、市区町村が指定する会場で行われ、視力検査に加えて、機器を用いた屈折検査などで遠視、乱視やその左右差などから精密検査の必要性が検討されることになります。
  • 田淵
    眼科にはいつ行ったらよいのでしょうか。
  • 楠本
    成人と同じような視力検査ができるのは3歳半頃から可能ですが、それ未満でも視反応をみるとか簡易視力検査が可能です。視線が合わないなどの症状がある場合は、早めに受診していただくことが早期発見につながります。ただ、子どもが相手ですので、検査に時間がかかることもあり、何度か通院して病院の雰囲気に慣れると上手に検査できる場合もあります。
  • 田淵
    なるほど、それぐらいの時に、念のために眼科を受診されるというのは、アリだと思いますね。
    正しい時期に発見できれば、視力の発達を正常軌道に乗せることができるわけですからね。

    ツカザキ病院眼科の小児眼科チームは、清水有紀子先生を筆頭に多くのスタッフで成立していますが、診察が一筋縄ではいかない低年齢の患者さんが対象であり、どうしてもチームへの負担は重くなります。楠本先生も赴任されてから早速なかなか大変だと感じていらっしゃるとは思いますが、これからのツカザキ病院眼科における小児眼科医療への展望などをお聞かせください。
  • 弱視、およびその治療
    楠本
    弱視は、急激に悪くなる病気ではなく、一方の目が良く見えている場合もあるので、気づかれないで過ごしてしまうこともある病気です。その大部分は適切な時期に適切な治療を行うと、視力の向上が得られるため、早期発見早期治療を促したいと考えています。ツカザキ病院の小児眼科を早期に受診していただくことにより、弱視による不利益をこうむる子供が一人でも減ることを目指します。
    弱視、およびその治療
黄斑円孔でお悩みの方は、どうぞお気軽に当科を受診下さい。
黄斑円孔でお悩みの方は、どうぞお気軽に当科を受診下さい。
弱視、およびその治療でお悩みの方は、
どうぞお気軽に当科を受診下さい。
交通のご案内
アクセスマップ
■お車でお越しの場合
太子龍野バイパス福田ランプより南へ約15分
(旧ツカザキ病院から約25分)
診察を希望される方へ 診察を希望される方へ
楠本 欽史先生の初診受付日
月曜日、火曜日、土曜日
◆斜視検査や立体視検査などの時間のかかる特殊検査等での時間を考慮して、出来るだけ早い時間帯での受診をお勧めします。
◆セカンドオピニオンにも対応致します。
◆終了間際の受診は、専門的な診療が困難ですので、後日の精査になることを予めご了承下さい。
◆また、初診日だけで治療方針が決まることは殆どなく、基本的に複数回の受診が必要であることも予めご了承下さい。
■お車でお越しの場合
太子龍野バイパス福田ランプより南へ約15分
(旧ツカザキ病院から約25分)
眼の現代病特集
疾患説明ページ一覧