ページトップへ

社会医療法人三栄会 ツカザキ病院 基幹型臨床研修病院社会医療法人三栄会 ツカザキ病院 基幹型臨床研修病院

当院へのアクセス 079-272-8555
三栄会のご紹介
文字サイズ
検索
079-272-8555
アクセス

眼科 眼科

Top > 診療のご案内 > 眼科 > 網膜前膜について > 網膜前膜について2
  • 疾患説明シリーズ Part1 緑内障について
  • 疾患説明シリーズ Part2 網膜前膜について
  • 疾患説明シリーズ Part3 流涙について
  • 疾患説明シリーズ Part4 加齢黄斑変性について
  • 疾患説明シリーズ Part5 多焦点眼内レンズと乱視用眼内レンズ
  • 疾患説明シリーズ Part6 網膜血管閉塞疾患について
  • 疾患説明シリーズ Part7 円錐角膜について
  • 疾患説明シリーズ Part8 糖尿病網膜症について
  • 疾患説明シリーズ Part9 強度近視眼底
  • 疾患説明シリーズ Part10 網膜色素変性症について
  • 疾患説明シリーズ Part11 飛蚊症と網膜剥離
  • 疾患説明シリーズ Part12 角膜疾患
  • 疾患説明シリーズ Part13 斜視について
  • 疾患説明シリーズ Part14 ドライアイについて
  • 疾患説明シリーズ Part15 黄斑円孔について
  • 疾患説明シリーズ Part16 ぶどう膜炎について
  • 疾患説明シリーズ Part17 眼瞼疾患について
  • 疾患説明シリーズ Part18 ロービジョンについて
  • 疾患説明シリーズ Part19 眼圧、緑内障、視野検査について
  • 疾患説明シリーズ Part20 色覚異常について
  • 疾患説明シリーズ Part21 弱視、およびその治療
  • 疾患説明シリーズ Part22 硝子体注射について

ツカザキ病院眼科 疾患説明シリーズ Part2 網膜前膜について ツカザキ病院眼科 疾患説明シリーズ Part2 網膜前膜について

治療法

  • 田淵
    10年ぐらい前だと、視力が下がりすぎてから手術すると視力が戻らないという事が
    コンセンサスだった気がしますが、現在の手術するかしないかの判断はどのようなものなのでしょうか。
    長澤
    以前は矯正視力が0.7~0.8よりも低下すれば手術適応と判断する先生が多かったと思います。ただ、最近では矯正視力が0.8以上であっても歪みの症状が強い患者さんには手術適応はあると考えている先生も多いようです。これは先ほどいったように硝子体手術機器の進歩があると思われます。
  • 田淵
    自覚検査が比較的重要なわけですね。
    ツカザキ病院眼科ではどのような診断装置を用いて手術適応を考えているのでしょうか。
    長澤
    眼科一般の検査はもちろんですが、網膜断層撮影検査(OCT)の重要性は言うまでもありません。これは眼底カメラの一種ですが、この検査機器により黄斑部の詳細な診断が可能になりました。このほかの検査としてアムスラーチャートや視野検査などを必要に応じて追加しています。
  • 田淵
    手術治療の際に、網膜の最上部の薄い膜を黄斑上膜と合わせて同時にめくってしまうかしまわないかについては、日本の臨床研究である程度の結論が出ているようですが、その点について解説して下さい。
    網膜前膜インタビュー
    長澤
    かなり専門的な話になってしまいますが、この網膜前膜のほかに網膜の1部分(内境界膜)を除去するといった術式(ILM peeling)です。当初は原因となっている膜を除去さえすれば良いと考えられていましたが、再発の症例もなかにはみられました。しかし、ILM peelingをすると再発率が激減したため現在ではこの操作をする先生が多いようです。ただ、自分自身の正常な組織をとっていいものなのかは不明ですし、緑内障を合併している患者さんのなかには視野障害が進行することがあるとの報告もあります。
    ツカザキ病院でも最終的には術者が判断しています。
  • 田淵
    なるほど、ILM peelingについては賛否両論と言いますか、まだまだ確定的なじゃない部分もあるわけですねえ。
    手術適応になった場合は、具体的にはどのような手順になるのでしょうか。
    日帰り手術も可能と言えば可能の手術ですが
    長澤
    手術適応があると判断し、患者さんが手術を希望されたら、手術までに検査に来ていただきます。そこでさらに詳しい検査と手術の説明をさせていただきます。白内障の同時手術が必要な患者さんも多いので白内障手術に必要な検査もします。ツカザキ病院では基本的には入院手術をおすすめしています。入院期間は1週間前後ではありますが、どうしても諸事情で日帰り手術希望の患者さんには日帰り手術も可能です。白内障手術も数年前までは入院手術が基本でしたよね。でも、機械の進歩で今では日帰り手術が通常になってきました。硝子体手術も今はそういった過渡期なのかもしれませんね。
  • 田淵

    術者と患者さんの相談次第ですが、常識的には入院治療ですかねえ。
    例えばアメリカでは眼科手術で入院するのはアラブの大金持ちだけだとか言われている程なんですけど、まあアメリカは医療制度上では世界最悪の国ですからね。

    こういう事情的にはどうすんだというややこしい話の場合は、自分の親だったらどうするかで考えるのが、案外と核心を突いていて正解が出る思考方法だと思うんですが、ERMの術後に自分の親が家に帰ってきたらどう思うかですかねえ。どうですか長澤先生。
    網膜前膜インタビュー
    長澤
    普通は入院を勧めますよね。でも患者さんにはいろんな事情がありますので、どうしても日帰り手術希望の方には対応できる体制は整えています。私自身、実父の硝子体手術をツカザキ病院で施行させてもらったのですが、父は入院がどうしても嫌だと言うので日帰り手術をしました。
    網膜前膜インタビュー
  • 田淵
    長澤先生は高深達OCTという日本が誇る最新の診断機器を用いて網膜構造の臨床研究を行って、すでに一流誌に採用されておられますが、ERMについても興味を持っておられると思います。
    やはり手術をどの時点ですべきなのか、ILMの処理をどうするのかという、すでに古典的にすらなったテーマを考えておられるのでしょうか?
    長澤
    大学病院勤務時代に網膜前膜の手術のデータを調査したことがあるのですが、手術前のデータにはいろんなデータがありますよね。若い方がいいのか、男性がいいのか、網膜の腫れが少ない方がいいのか?でも、手術後にいい結果が関係しているのは手術前の視力だけでした。つまり視力が悪化しすぎない前にした方がいい。この結果がでたので、視力が比較的よくても歪みの強い患者さんには早めに手術をすすめています。ILM peelingは基本的にはしますが、緑内障の進行している方にはしていません。現在のOCTでは細胞レベルで観察することはまだ困難ですが、もっと進んだOCTが開発されれば調べてみたいアイデアはあります。今は秘密にしておきますけど。
  • 田淵
    ツカザキ病院網膜チームの未来像を教えて下さい。
    長澤
    「患者さんを治したい!」誰しもそんな思いで医者を志したと思います。ですから私も若い時には「診断ができればいい。手術が上手ければいい。」そう思っていました。でも実際はなかなか治らない病気もあるし、手術が問題なく終了しても結果に差が出てしまう。これはいつの時代もそうなのかもしれません。でも、先人の先生方や患者さんの歴史があって今の私たちは網膜断層撮影や極小切開硝子体手術を手に入れることができました。ツカザキ病院に来院された患者さんを治療するだけでなく、その結果を見直すことで新しい事を発信していきたいですね。これは網膜チームだけでない未来像かもしれませんけど。
  • 田淵
    ありがとうございました。
網膜(黄斑)前膜でお悩みの方は、どうぞお気軽に当科を受診下さい。
網膜(黄斑)前膜でお悩みの方は、どうぞお気軽に当科を受診下さい。
網膜(黄斑)前膜でお悩みの方は、
どうぞお気軽に当科を受診下さい。
交通のご案内
アクセスマップ
診察を希望される方へ 診察を希望される方へ
長澤先生の初診受付日
月曜日、火曜日、土曜日
受付は朝8時から夕方5時までですが、
散瞳検査等での時間を考慮して、出来るだけ早い時間帯での受診をお勧めします。
セカンドオピニオンにも対応致します。
■お車でお越しの場合
太子龍野バイパス福田ランプより南へ約15分
眼の現代病特集
疾患説明ページ一覧