ページトップへ

社会医療法人三栄会 ツカザキ病院 基幹型臨床研修病院社会医療法人三栄会 ツカザキ病院 基幹型臨床研修病院

当院へのアクセス 079-272-8555
三栄会のご紹介
文字サイズ
検索
079-272-8555
アクセス

眼科 眼科

Top > 診療のご案内 > 眼科 > 飛蚊症と網膜剥離 > 飛蚊症と網膜剥離2
  • 疾患説明シリーズ Part1 緑内障について
  • 疾患説明シリーズ Part2 網膜前膜について
  • 疾患説明シリーズ Part3 流涙について
  • 疾患説明シリーズ Part4 加齢黄斑変性について
  • 疾患説明シリーズ Part5 多焦点眼内レンズと乱視用眼内レンズ
  • 疾患説明シリーズ Part6 網膜血管閉塞疾患について
  • 疾患説明シリーズ Part7 円錐角膜について
  • 疾患説明シリーズ Part8 糖尿病網膜症について
  • 疾患説明シリーズ Part9 強度近視眼底
  • 疾患説明シリーズ Part10 網膜色素変性症について
  • 疾患説明シリーズ Part11 飛蚊症と網膜剥離
  • 疾患説明シリーズ Part12 角膜疾患
  • 疾患説明シリーズ Part13 斜視について
  • 疾患説明シリーズ Part14 ドライアイについて
  • 疾患説明シリーズ Part15 黄斑円孔について
  • 疾患説明シリーズ Part16 ぶどう膜炎について
  • 疾患説明シリーズ Part17 眼瞼疾患について
  • 疾患説明シリーズ Part18 ロービジョンについて
  • 疾患説明シリーズ Part19 眼圧、緑内障、視野検査について
  • 疾患説明シリーズ Part20 色覚異常について
  • 疾患説明シリーズ Part21 弱視、およびその治療
  • 疾患説明シリーズ Part22 硝子体注射について

ツカザキ病院眼科 疾患説明シリーズ Part11 飛蚊症と網膜剥離 ツカザキ病院眼科 疾患説明シリーズ Part11 飛蚊症と網膜剥離

緑内障について

  • 田淵
    網膜格子状変性、網膜円孔、網膜裂孔、網膜剥離裂孔、網膜剥離とそれぞれ段階があると思うんですが、
    それぞれどんな治療法があるんでしょうか。
    吉積
    網膜格子状変性、網膜円孔、網膜裂孔では経過観察をする場合と網膜剥離の予防目的に孔の周辺にレーザーを行う場合があります。基本的に孔に対して硝子体の牽引がある場合にはレーザーの適応となります。また牽引が無くても、もう片眼に網膜剥離の既往があるなどリスクが高い場合は予防的にレーザーを行います。
    網膜剥離に至っている場合は基本的に手術の適応となりますが、網膜剥離の範囲がごく狭い範囲に限られている場合はレーザーでそれ以上の進行を予防し経過観察することもあります。
  • 網膜血管閉塞疾患インタビュー
    田淵
    網膜に孔があったとしてもレーザーしないで様子を見ることがあるんですね。網膜剥離の手術には2種類ありますね。
    吉積
    強膜バックル(強膜内陥術)と硝子体手術があります。眼球から剥がれた網膜を、外から眼球をへこませ押さえることで元に戻すか、眼の中の硝子体をとってガスやシリコンオイルを入れ、その力で内側から押さえることで元に戻すかの違いがあります。
    また、硝子体手術の場合は白内障の手術も同時に行うことが多いです。
  • 田淵
    主に年齢で決めるんでしょうか。
    吉積
    若年者の場合は強膜バックルで手術を行うことが多いです。しかし、剥離の状態によっては若年者でも硝子体手術を行うこともありますし、中高年者でもバックルの適応となることもあります。
    ですので、年齢だけでなく原因裂孔の場所や大きさ、網膜下液の量などを総合的に判断して術式を選択することとなります。
  • 田淵
    飛蚊症の原因となっている単純な硝子体混濁に対して手術を選択するという事はあるんでしょうか?
    吉積
    理論的には硝子体手術を行い、硝子体の混濁を除去すれば飛蚊症は軽減できます。実際に海外では飛蚊症に対し硝子体手術を行う施設もあるようです。しかし、手術をしても完全に飛蚊症を失くすことは困難ですし、硝子体手術には網膜剥離を起こす危険もあり、網膜剥離から失明に繋がるリスクを考えると単純な硝子体混濁による飛蚊症に対して硝子体手術を行う事は日本では普通ありません。慎重にも慎重を重ねて、相当な事情があった上で考える、まあ変わった適応の手術になるという感じですねえ。少なくともきちんとした臨床研究が行われていない現状ではどこまでも怪しげな手術適応であるのが単純な硝子体混濁に対する硝子体手術であるというのが日本の眼科のコンセンサスだと思います。
    網膜血管閉塞疾患インタビュー
  • 田淵
    吉積先生は、ツカザキ病院眼科で網膜チームの一員として責任ある立場をスタートされたのですが、
    未来像について教えて下さい。
    吉積
    私は網膜チームの一員として、主に糖尿病網膜症の分野を大原部長と共に担当させていただきます。糖尿病網膜症は患者さんの数も多く、また重症になると失明することも多い難しい疾患でやりがいと責任を感じており、糖尿病をはじめ網膜疾患で視力を失う人を少しでも減らせるよう日々精進していきたいと思います。
飛蚊症と網膜剥離でお悩みの方は、どうぞお気軽に当科を受診下さい。
飛蚊症と網膜剥離でお悩みの方は、どうぞお気軽に当科を受診下さい。
飛蚊症と網膜剥離でお悩みの方は、
どうぞお気軽に当科を受診下さい。
交通のご案内
アクセスマップ
診察を希望される方へ 診察を希望される方へ
吉積先生の初診受付日
月曜日、木曜日、金曜日
散瞳検査が必須であり、車で来院され、何らかの代替方法が取れない場合は、再予約の上後日診療となる事をあらかじめご了承ください。
セカンドオピニオンにも対応致します。
■お車でお越しの場合
太子龍野バイパス福田ランプより南へ約15分
眼の現代病特集
疾患説明ページ一覧