ページトップへ

社会医療法人三栄会 ツカザキ病院 基幹型臨床研修病院社会医療法人三栄会 ツカザキ病院 基幹型臨床研修病院

当院へのアクセス 079-272-8555
三栄会のご紹介
文字サイズ
検索
079-272-8555
アクセス

眼科 眼科

Top > 診療のご案内 > 眼科 > 緑内障について > 緑内障について3
  • 疾患説明シリーズ Part1 緑内障について
  • 疾患説明シリーズ Part2 網膜前膜について
  • 疾患説明シリーズ Part3 流涙について
  • 疾患説明シリーズ Part4 加齢黄斑変性について
  • 疾患説明シリーズ Part5 多焦点眼内レンズと乱視用眼内レンズ
  • 疾患説明シリーズ Part6 網膜血管閉塞疾患について
  • 疾患説明シリーズ Part7 円錐角膜について
  • 疾患説明シリーズ Part8 糖尿病網膜症について
  • 疾患説明シリーズ Part9 強度近視眼底
  • 疾患説明シリーズ Part10 網膜色素変性症について
  • 疾患説明シリーズ Part11 飛蚊症と網膜剥離
  • 疾患説明シリーズ Part12 角膜疾患
  • 疾患説明シリーズ Part13 斜視について
  • 疾患説明シリーズ Part14 ドライアイについて
  • 疾患説明シリーズ Part15 黄斑円孔について
  • 疾患説明シリーズ Part16 ぶどう膜炎について
  • 疾患説明シリーズ Part17 眼瞼疾患について
  • 疾患説明シリーズ Part18 ロービジョンについて
  • 疾患説明シリーズ Part19 眼圧、緑内障、視野検査について
  • 疾患説明シリーズ Part20 色覚異常について
  • 疾患説明シリーズ Part21 弱視、およびその治療
  • 疾患説明シリーズ Part22 硝子体注射について

ツカザキ病院眼科 疾患説明シリーズ Part1 緑内障について ツカザキ病院眼科 疾患説明シリーズ Part1 緑内障について

緑内障発作

  • 田淵
    最近緑内障手術療法に新しく出てきているトラベクロトームとインプラント療法について教えて下さい。
    ツカザキ病院緑内障外来ではこれらの治療についてどうお考えですか?
    中倉
    トラベクロトームはロトミーを器具も用いて使って中からする手術ですが、高価な器械の割りに私もしている改良型のロトミーよりも成績が悪そうですのでどうかと。
    インプラント、特にバルベルトは難治性緑内障にはかなり有効なデバイスで複数回のトラベクトレクトミーが不成功に終わった例には使えそうです。
  • 田淵
    緑内障発作という眼科で最も多い救急疾患もありますが、この状態になると、なぜかしら白内障手術が治療法になりますよね。緑内障に対して白内障治療というとちょっと不思議な感じを与えると思うんですが、説明して頂けますか。
    中倉
    緑内障発作という病名に入っている緑内障という単語自体は、緑内障の定義には当てはまらない単なる慣用句に近いものです。変な話ですが。ですから「緑内障発作」は緑内障ではありません。水晶体の膨張によって急激な眼圧上昇が起きている状態を「緑内障発作」と慣用的に呼んでいるだけです。
図3a 前眼部OCTによる前房構造所見 緑内障発作時 (3a,3bは同一患者同一眼)
前眼部OCTによる前房構造所見 緑内障発作時
隅角は閉塞している。(黄色の点線円) 緑内障発作の主たる原因は水晶体の膨化である。
図3b 前眼部OCTによる前房構造所見 治療後(3a,3bは同一患者同一眼)
前眼部OCTによる前房構造所見 治療後
隅角は開大している。(黄色の点線円) 1aの同部位との比較が分かりやすい。
角膜と虹彩の間角度が明らかに広がっている。(当院では水泡性角膜症の原因となるレーザー虹彩切開(LI)は施行しません。
LIをしても水晶体を取らないと完治せず2度手間になるからです。)
  • 田淵
    なるほど、「緑内障発作」は水晶体の異常によって起きるものと考えられるんですね。
    それで、その異常な水晶体を取り除く手術が必要になるので、それはすなわち白内障治療であるという事になるんですね。
    中倉
    そのとおりです。「緑内障発作」は緑内障でもないし、白内障でもないわけです。ただ異常な水晶体を摘出して、眼内レンズに入れ替える必要がある訳ですから、「白内障治療」と同じ治療になるという事です。ちなみに、緑内障発作によって生じた眼圧上昇を1週間も放置すると、非常に高い確率で視野に恒久性の障害が生じますので、手術治療は緊急性があります。
  • 田淵
    これは、場合によっては眼圧上昇による眼痛で救急車を呼んでもおかしくないほどのひどい自覚症状を引き起こしますから、皆さん手術は納得されて受けておられますね。
    中倉
    はい。ただまあ、手術はたいていうまくいきますが、白内障手術の中でもなかなかに難しい技術を要求される事になりますから、できたら、水晶体が膨化する予兆を診察で見つけて予防的に水晶体を摘出したいですね。
  • 田淵
    うん?、気になりますね。
    緑内障発作を避けるために予防的に水晶体を取るための基準などはあるんでしょうか。
    中倉
    はい、当科では前眼部OCTを使って前房深度を計測して学術文献的に危険水準を越えてきた場合に、手術をお勧めするという手法をとっています。レーザー虹彩切除術(LI)と呼ばれるレーザー治療は当科では現在行っておらず、前房深度を計測する経過観察を行うわけです。遠視眼の女性の場合で心配な方は一度受診して頂ければアドバイスできると思います。
  • 緑内障インタビュー
    田淵
    先生が最も興味を持って取り組んでおられる臨床上のテーマを教えて下さい。
    中倉
    多数あって絞れませんが、新しいものを発信したいとは考えております。
    根本的にですが臨床と研究のバランスが大事でどちらもできないと外部からは信用されないと考えております。手術だけするのは多分誰でもできます。当院のメリットを生かし新しいことに挑戦しないと勤務医でいる意味はなくなると思います。
    ただのおっさんです。
    緑内障インタビュー
  • 田淵
    ツカザキ病院眼科の緑内障治療の責任者としての未来像を教えて下さい。
    中倉
    相当難治な症例の治療以外は、おそらく大学病院よりもいいサービスをコメディカルと共にすでに提供できつつあると思います。後は患者さんのニーズが最終的には方向性を決めていくと思いますがまず、今日を頑張ります。
緑内障でお悩みの方は、どうぞお気軽に当科を受診下さい。
緑内障でお悩みの方は、どうぞお気軽に当科を受診下さい。
緑内障でお悩みの方は、
どうぞお気軽に当科を受診下さい。
交通のご案内
アクセスマップ
診察を希望される方へ 診察を希望される方へ
中倉先生の初診受付日
月曜日、火曜日、土曜日
受付は朝8時から夕方5時までですが、
散瞳検査等での時間を考慮して、出来るだけ早い時間帯での受診をお勧めします。
セカンドオピニオンにも対応致します。
■お車でお越しの場合
太子龍野バイパス福田ランプより南へ約15分
眼の現代病特集
疾患説明ページ一覧