ページトップへ

社会医療法人三栄会 ツカザキ病院 基幹型臨床研修病院社会医療法人三栄会 ツカザキ病院 基幹型臨床研修病院

当院へのアクセス 079-272-8555
三栄会のご紹介
文字サイズ
検索
079-272-8555
アクセス

眼科 眼科

Top > 診療のご案内 > 眼科 > 多焦点眼内レンズと乱視用眼内レンズ > 高付加価値眼内レンズ3
  • 疾患説明シリーズ Part1 緑内障について
  • 疾患説明シリーズ Part2 網膜前膜について
  • 疾患説明シリーズ Part3 流涙について
  • 疾患説明シリーズ Part4 加齢黄斑変性について
  • 疾患説明シリーズ Part5 多焦点眼内レンズと乱視用眼内レンズ
  • 疾患説明シリーズ Part6 網膜血管閉塞疾患について
  • 疾患説明シリーズ Part7 円錐角膜について
  • 疾患説明シリーズ Part8 糖尿病網膜症について
  • 疾患説明シリーズ Part9 強度近視眼底
  • 疾患説明シリーズ Part10 網膜色素変性症について
  • 疾患説明シリーズ Part11 飛蚊症と網膜剥離
  • 疾患説明シリーズ Part12 角膜疾患
  • 疾患説明シリーズ Part13 斜視について
  • 疾患説明シリーズ Part14 ドライアイについて
  • 疾患説明シリーズ Part15 黄斑円孔について
  • 疾患説明シリーズ Part16 ぶどう膜炎について
  • 疾患説明シリーズ Part17 眼瞼疾患について
  • 疾患説明シリーズ Part18 ロービジョンについて
  • 疾患説明シリーズ Part19 眼圧、緑内障、視野検査について
  • 疾患説明シリーズ Part20 色覚異常について
  • 疾患説明シリーズ Part21 弱視、およびその治療
  • 疾患説明シリーズ Part22 硝子体注射について

ツカザキ病院眼科 疾患説明シリーズ Part5 緑高付加価値眼内レンズ ツカザキ病院眼科 疾患説明シリーズ Part5 高付加価値眼内レンズ

設備

  • 田淵
    高付加価値眼内レンズの度数選択には、より高い精度が求められるようになった事をつくづく 実感していますが、
    そのための診療設備にはどんなものがあるでしょうか。
    山内
    高付加価値レンズはよりよい視機能を目指したレンズですので、今まで以上に詳細な検査が必要になります。角膜不正乱視を検出する機器、眼球形状を測定する機器も最新のものを複数そろえることが望ましいと思います。また、乱視用レンズは“向き”が重要ですので、術前に挿入レンズの“向き”を測定したり、術中に“向き”を評価する機器も必要になります。また、機器をそろえるだけでなく熟練した視能訓練士がいることも非常に重要です。
  • [眼内レンズ度数を決定するための検査機器群と視能訓練士達]
    眼内レンズ度数を決定するための検査機器群と視能訓練士達 眼内レンズ度数を決定するための検査機器群と視能訓練士達
    眼内レンズ度数の決定は一発勝負の難しさがあり、誤差を可能な限り小さくすることは、白内障臨床の今も昔も変わらぬ大切なテーマの一つです。ツカザキ病院眼科では、2種類の光学的眼軸長検査装置(IOLmaster V5, LENSTAR LS 900)、2種類の超音波式眼軸長検査装置(AL3000,HiSanUBM)、3種類の角膜曲率半径計測装置(KR8800,CASIA SS1000,Pentacam)、乱視用眼内レンズ軸決定検査装置(SG3000)を装備していて、それぞれの医学的特性を活かして補完的に用いる事で可能な限り高い精度の予測値の取得に努めています。これらの検査は全て眼科検査の国家資格保持者である当科常勤の総勢36名の視能訓練士(CO, Certified Orthoptist)によって複数回にわたって慎重に施行され、データの正確性とデータ選択の精度の向上が計られています。
  • 田淵
    さらなる進歩にはさらなる診療設備という事ですよね。
    ツカザキ眼科としては全力でやっていくという方針ですが、今後も設備投資は続ける必要がありそうですね。
    山内
    以前に比べると白内障手術に要求される水準が高くなっており、また選択肢も増えてきています。各患者さんに最適な治療を選択するためには相応の設備投資は必要でしょうね。
  • 田淵
    乱視用レンズおよび多焦点眼内レンズの登場で、当然の流れとして、その二つの要素を組み合わせた
    眼内レンズの登場が今後控えているわけですが。その点について解説下さい。
    緑内障インタビュー
    山内
    H25年12月現在、わが国で認可されているレンズでは乱視を矯正できる多焦点レンズはありません。ただ、国内では未認可なものの海外では評価の高い乱視矯正可能な多焦点レンズもあり当院でも使用可能です、詳しくは担当医にご相談ください。また近いうちに国内でも乱視矯正可能な多焦点レンズが認可される予定のようですが今のところ正確な時期は未定です、これに関しても詳しいことは担当医にご相談いただけたらと思います。
  • 田淵
    いろいろと複雑になりますね。これまでの経験の蓄積がおそらく必要になってきますね。
    山内
    その通りだと思います、この点に関しては当院では乱視用レンズでも、多焦点レンズでも多数症例の経験があり、より適切な選択ができると考えています。
  • [当科で使用している3種類の多焦点眼内レンズの形状]
    これらのレンズにはいくつもの違いがあります。カラーリング(無色 or 黄色)、光学的構造(非アポダイズド回折型、アポダイズド回折型、屈折型)、近方焦点距離(25cm or 33cm )、乱視矯正能力(あり、なし)があり、その他にもレンズ素材やレンズ作製方法、さらには厚労省の認可の有無や先進医療適用でも違いがあり医師の考え方で選択が異なります。そもそも多焦点レンズを選ぶのかという決定がまず大事ですが、その次にどのタイプの多焦点レンズを使うのかというレンズ選択そのものも、臨床上大変重要になっているのが最近の新しい眼科臨床の流れです。
    当科で使用している3種類の多焦点眼内レンズの形状
  • 田淵
    山内先生が中心となって、取り組んでおられる臨床上のテーマについて教えて頂けますか。
    山内
    いくらたくさん手術をしても、やりっぱなしでは全く経験の蓄積にはなりません。当院ではデータの収集および解析に特に力を入れています。手術前後の検査結果は全てデータベースにすぐ取り出せる形で蓄積されています。現在はこのデータベースをもとに各眼内レンズの評価を行っています。短期的には各患者さんに使用する眼内レンズの種類および度数をより最適化できるのではないかと考えていますし、将来的には新しい眼内レンズの開発につながるのではないかと期待しています。
  • 田淵
    すでに先生の論文が海外の一流誌に採用されていますね。
    今後もツカザキ眼科の経験が眼科臨床の発展に寄与するように努力を続けたいですね。
    山内
    そうですね、何よりそこが我々のモチベーションにもなるところですからね。
  • 田淵
    ツカザキ眼科の白内障臨床の未来像を教えて頂けますでしょうか。
    山内
    基本的な方向性としては、最先端の水準を維持するのは当然ですが、できる限り新しい技術の開発に関わっていきたいと考えています。
  • 田淵
    ありがとうございました。
高付加価値眼内レンズでお悩みの方は、どうぞお気軽に当科を受診下さい。
高付加価値眼内レンズでお悩みの方は、どうぞお気軽に当科を受診下さい。
高付加価値眼内レンズでお悩みの方は、
どうぞお気軽に当科を受診下さい。
交通のご案内
アクセスマップ
診察を希望される方へ 診察を希望される方へ
山内先生の初診受付日
月曜日、火曜日、水曜日、木曜日
受付は朝8時から夕方5時までですが、
散瞳検査等での時間を考慮して、出来るだけ早い時間帯での受診をお勧めします。
セカンドオピニオンにも対応致します。
■お車でお越しの場合
太子龍野バイパス福田ランプより南へ約15分
眼の現代病特集
疾患説明ページ一覧