ページトップへ

社会医療法人三栄会 ツカザキ病院 基幹型臨床研修病院社会医療法人三栄会 ツカザキ病院 基幹型臨床研修病院

当院へのアクセス 079-272-8555
三栄会のご紹介
文字サイズ
検索
079-272-8555
アクセス

眼科 眼科

Top > 診療のご案内 > 眼科 > ロービジョンについて > ロービジョンについて2
  • 疾患説明シリーズ Part1 緑内障について
  • 疾患説明シリーズ Part2 網膜前膜について
  • 疾患説明シリーズ Part3 流涙について
  • 疾患説明シリーズ Part4 加齢黄斑変性について
  • 疾患説明シリーズ Part5 多焦点眼内レンズと乱視用眼内レンズ
  • 疾患説明シリーズ Part6 網膜血管閉塞疾患について
  • 疾患説明シリーズ Part7 円錐角膜について
  • 疾患説明シリーズ Part8 糖尿病網膜症について
  • 疾患説明シリーズ Part9 強度近視眼底
  • 疾患説明シリーズ Part10 網膜色素変性症について
  • 疾患説明シリーズ Part11 飛蚊症と網膜剥離
  • 疾患説明シリーズ Part12 角膜疾患
  • 疾患説明シリーズ Part13 斜視について
  • 疾患説明シリーズ Part14 ドライアイについて
  • 疾患説明シリーズ Part15 黄斑円孔について
  • 疾患説明シリーズ Part16 ぶどう膜炎について
  • 疾患説明シリーズ Part17 眼瞼疾患について
  • 疾患説明シリーズ Part18 ロービジョンについて
  • 疾患説明シリーズ Part19 眼圧、緑内障、視野検査について
  • 疾患説明シリーズ Part20 色覚異常について
  • 疾患説明シリーズ Part21 弱視、およびその治療
  • 疾患説明シリーズ Part22 硝子体注射について

ツカザキ病院眼科 疾患説明シリーズ Part18 ロービジョンについて ツカザキ病院眼科 疾患説明シリーズ Part18 ロービジョンについて

ロービジョンについて

  • 田淵
    ツカザキ病院眼科でロービジョンケアを行っているのは正条視能訓練士ですが、そのケアを受けるためにはどうしたら良いでしょうか。
    正条
    まずは当院の医師の診察を受けていただきます。
    その上で見えにくさによって日常生活でお困りのことがあれば担当医師に相談し、「ロービジョン外来」を希望していただくことになります。また、受診中の患者さんにおいては希望に応じて、もしくは主治医から紹介していただくこともあります。
  • 田淵
    ロービジョンケアというのは、だいたいどの程度時間がかかるものでしょうか。
    また、何回ぐらい通うものなのでしょうか。
    正条
    患者さんのご希望によりさまざまですが、1回の所要時間を90分程度として実施しています。通常、患者さんの視機能低下に伴う日常生活について聞き取りを行い、問題点を整理して優先順位をつけて開始します。よって、希望する内容が多くない方の場合は1回で終わることもありますし、多くの問題と対応がある方の場合は複数回来院していただくこともあります。
  • 田淵
    ロービジョンケアにかかる費用というのはどの程度なのでしょうか。
    外来費用というのもありますし、視覚補助具の購入にかかる費用というものもありますね。
    自治体の補助というものもありますから、その点はややこしいですね。
    正条
    当院では認定を受けた医師の元で行っていることもあり、多少の受診にかかる費用負担が発生する場合があります。
    視覚補助具のこととしては、「身体障害者手帳」を申請し、所持している方については眼科で選定した「矯正眼鏡(度数が入った通常の眼鏡)」や「遮光眼鏡(眼疾患があり、まぶしさを感じている方が対象)」、または「白杖」について自治体からの補助を受けることができます。上限額が設定されていますが、上限額以内であれば1割程度の負担で購入することがきます。
    「拡大鏡」については自治体の補助の対象となっていないため自己負担になりますが、当院では紹介させていただいた拡大鏡については購入のサポートも行っております。
    • 田淵
      正条視能訓練士が、現在ロービジョンケアにおいて最も興味を持って取り組んでいるテーマについて教えて下さい。
      正条
      ルーペなどの「読み書き」を対象とした補助具についてはもちろん大切ですが、現在は「歩行(移動)」の困難に対するサポートについて重要視しています。
      正条  
      外来を受診される視覚に障害を持つ患者さんが日常生活において安全に移動することができるように、「ヒューマンガイドテクニック」という晴眼者の肘をかりて歩行する技術を、眼科外来において紹介していきたいと思っております。
      この「ヒューマンガイドテクニック」技術は視覚に障害を持つ方だけでなく、そのご家族や支援する方々にも知っていただかなければ成立しない技術ですが、視覚障害を受障し歩行(移動)に困難を生じた場合、早期に導入すべき歩行手段と考えております。
    • 田淵
      ツカザキ病院眼科ロービジョン外来の責任者として未来像を教えて下さい。
      正条
      ロービジョン外来と言っても、視覚に障害のある方すべての方の支援ができるわけではありません。
      時には患者さんの期待に応えることができず無力を感じることも多いです。
      しかし、当院の眼科外来は医療のみならず、視覚による患者さんの日常生活についてまで考えることのできる眼科としてこれからも取り組みたいと思っています。
      そのためには、自分だけでなく他の視能訓練士も同じスタンスでロービジョン外来を担ってもらえるよう共に勉強し、また医師や他のコメディカルとも連携できるような体制を強化していきたいと考えております。
      理想的な形としては、視覚障害を受障し、今までできていたことができなくなることを様々な手段を使って少しでも減らすことができるように、また、社会参加の制限がある場合はできる限り早期に他の専門機関との連携により「視覚障害リハビリテーション」として対応できるようにしていきたいです。
    • 田淵
      どうもありがとうございました。
    ロービジョン・ケアの適応については、どうぞお気軽に当科を受診下さい。
    ロービジョン・ケアの適応については、どうぞお気軽に当科を受診下さい。
    ロービジョン・ケアの適応については、
    どうぞお気軽に当科を受診下さい。
    交通のご案内
    アクセスマップ
    診察を希望される方へ 診察を希望される方へ
    まず、通常の外来を初診下さい。その後、担当医の指示によりロービジョン外来への予約を取る流れになります。外来の日程についてはその都度調整させて頂きます。ケアは長時間になること、複数回となることを予めご了承ください。
    ■お車でお越しの場合
    太子龍野バイパス福田ランプより南へ約15分
眼の現代病特集
疾患説明ページ一覧