ページトップへ

社会医療法人三栄会 ツカザキ病院 基幹型臨床研修病院社会医療法人三栄会 ツカザキ病院 基幹型臨床研修病院

当院へのアクセス 079-272-8555
三栄会のご紹介
文字サイズ
検索
079-272-8555
アクセス

眼科 眼科

Top > 診療のご案内 > 眼科 > 強度近視眼底 > 強度近視眼底2
  • 疾患説明シリーズ Part1 緑内障について
  • 疾患説明シリーズ Part2 網膜前膜について
  • 疾患説明シリーズ Part3 流涙について
  • 疾患説明シリーズ Part4 加齢黄斑変性について
  • 疾患説明シリーズ Part5 多焦点眼内レンズと乱視用眼内レンズ
  • 疾患説明シリーズ Part6 網膜血管閉塞疾患について
  • 疾患説明シリーズ Part7 円錐角膜について
  • 疾患説明シリーズ Part8 糖尿病網膜症について
  • 疾患説明シリーズ Part9 強度近視眼底
  • 疾患説明シリーズ Part10 網膜色素変性症について
  • 疾患説明シリーズ Part11 飛蚊症と網膜剥離
  • 疾患説明シリーズ Part12 角膜疾患
  • 疾患説明シリーズ Part13 斜視について
  • 疾患説明シリーズ Part14 ドライアイについて
  • 疾患説明シリーズ Part15 黄斑円孔について
  • 疾患説明シリーズ Part16 ぶどう膜炎について
  • 疾患説明シリーズ Part17 眼瞼疾患について
  • 疾患説明シリーズ Part18 ロービジョンについて
  • 疾患説明シリーズ Part19 眼圧、緑内障、視野検査について
  • 疾患説明シリーズ Part20 色覚異常について
  • 疾患説明シリーズ Part21 弱視、およびその治療
  • 疾患説明シリーズ Part22 硝子体注射について

ツカザキ病院眼科 疾患説明シリーズ Part9 強度近視眼底 ツカザキ病院眼科 疾患説明シリーズ Part9 強度近視眼底

緑内障について

  • 田淵
    治療方法はあるのでしょうか?
    大杉
    網膜脈絡膜萎縮にはその成因から新生血管の関係するものとしないものにわかれます。新生血管の関係しないものには残念ながら治療法はありません。しかし新生血管から萎縮が拡がるタイプでは早期の治療により萎縮の範囲を小さくとどめることができるかもしれません。
  • 網膜血管閉塞疾患インタビュー 網膜血管閉塞疾患インタビュー
    網膜血管閉塞疾患インタビュー 網膜血管閉塞疾患インタビュー
    [ 強度近視による活動性のある脈絡膜新生血管に対する抗VEGF剤硝子体注射治療 ]
    mCNV: myopic Choroidal NeoVascularization, 脈絡膜新生血管
    抗VEGF剤(ルセンティス)の硝子体注射によっていずれの症例も、新生血管の活動性を消失させて強度近視眼底病変の進行を
    停止させる事ができました
  • 田淵
    早期診断が有効である可能性があるわけですね。実際には何歳ぐらいから受診すべきなのでしょうか。
    大杉
    40歳台で眼球の形状が特殊に変形する時期を迎えるといわれていますので、この時期からはときに眼科でチェックを受けるべきだと考えています。しかし、それより若いかたでも悪い変化が起こることもありますので40歳までは大丈夫ということではありません。異常を自覚すれば早急に眼科を受診していただくのがよいと思います。
  • 田淵
    注射は最近になって、厚労省からの認可がおりたわけですが、費用の問題が新たに生まれましたね。
    注射の頻度はどれくらいなんでしょうか。
    大杉
    効果を期待できる薬ではあるのですが、非常に高価なのが問題です。3割負担の患者さんで1回に5.5万円程度かかります。そして年に平均2.1回の治療が必要と言われています。ただし、皆さんが2回程度ということではなく、1回で効果が長く続く時もあれば、何回か連続で注射しなければならないときもあり、その平均が2.1回なんですよと説明しています。
  • 網膜血管閉塞疾患インタビュー
    田淵
    強度近視眼底外来では、受診の回数などはだいたいどれくらいに設定されていますか?
    大杉
    疾患、状態により様々です。状態が落ち着かなければ1か月毎のこともあります。安定していれば3~4か月に1度程度です。近視が強いけれども今のところ問題がないというかたは1年に1度程度でもよいかもしれません。
    田淵
    強度近視に伴う網膜剥離、特に黄斑円孔網膜剥離は我々眼科医にとって難治症例の代表ですが、それについて解説して下さい。
  • 大杉
    強度近視眼では眼球が前後に伸びるのですが、網膜は伸びにくいので足りなくなって裂けてしまい(網膜分離)、それが進行すると網膜剥離(黄斑部剥離)が生じます。この状態で中心部に孔(あな)が開いてしまうと剥離が拡がり(黄斑円孔網膜剥離)、非常に難治となってしまいます。みなさんによく知られている通常の網膜剥離は失明し得るこわい病気ですが、早い時期に受診していただければ比較的治りやすい病気です。しかし黄斑円孔網膜剥離はそうはいきません。近視が強いために網膜が弱っていることと、網膜が足りないことから治りにくいのです。ですので、黄斑円孔網膜剥離まで進行してしまう前に(網膜分離や黄斑部剥離の段階で)、予防的な手術をすることが大切です。手術によって視力が下がってしまうこともあるのですが、最も難治な状態になってしまうのを防ぎ、視力を維持できればと思っています。
  • 田淵
    なるほど、黄斑円孔網膜剥離に一旦なってしまうと治療が難しくなるので、その前段階の状態を捕まえて、
    その段階で治療すれば、良好な成績と良好な視力を維持できる可能性があるという事ですね。
    大杉
    そのとおりです。ただ、黄斑円孔網膜剥離でも萎縮がなければ良好な視力を残せることもありますので
    一度みせていただきたいですね。
眼の現代病特集
疾患説明ページ一覧