ページトップへ

社会医療法人三栄会 ツカザキ病院 基幹型臨床研修病院社会医療法人三栄会 ツカザキ病院 基幹型臨床研修病院

当院へのアクセス 079-272-8555
三栄会のご紹介
文字サイズ
検索
079-272-8555
アクセス

眼科 眼科

Top > 診療のご案内 > 眼科 > 網膜血管閉塞疾患について > 網膜血管閉塞疾患について3
  • 疾患説明シリーズ Part1 緑内障について
  • 疾患説明シリーズ Part2 網膜前膜について
  • 疾患説明シリーズ Part3 流涙について
  • 疾患説明シリーズ Part4 加齢黄斑変性について
  • 疾患説明シリーズ Part5 多焦点眼内レンズと乱視用眼内レンズ
  • 疾患説明シリーズ Part6 網膜血管閉塞疾患について
  • 疾患説明シリーズ Part7 円錐角膜について
  • 疾患説明シリーズ Part8 糖尿病網膜症について
  • 疾患説明シリーズ Part9 強度近視眼底
  • 疾患説明シリーズ Part10 網膜色素変性症について
  • 疾患説明シリーズ Part11 飛蚊症と網膜剥離
  • 疾患説明シリーズ Part12 角膜疾患
  • 疾患説明シリーズ Part13 斜視について
  • 疾患説明シリーズ Part14 ドライアイについて
  • 疾患説明シリーズ Part15 黄斑円孔について
  • 疾患説明シリーズ Part16 ぶどう膜炎について
  • 疾患説明シリーズ Part17 眼瞼疾患について
  • 疾患説明シリーズ Part18 ロービジョンについて
  • 疾患説明シリーズ Part19 眼圧、緑内障、視野検査について
  • 疾患説明シリーズ Part20 色覚異常について
  • 疾患説明シリーズ Part21 弱視、およびその治療
  • 疾患説明シリーズ Part22 硝子体注射について

ツカザキ病院眼科 疾患説明シリーズ Part6 網膜血管閉塞疾患について ツカザキ病院眼科 疾患説明シリーズ Part6 網膜血管閉塞疾患について

治療について

  • 田淵
    特効薬のような薬もなく、根治させるような手術療法もないこの領域で、
    先生が現在取り組んでおられる臨床研究のテーマはどんなものがあるんでしょうか。
    網膜血管閉塞疾患インタビュー
    永里
    同じ病気で、治療をしても患者さんによっては良い方向に向かうし、悪い方向にも向かってしまいます。現在は、ルセンティスやアイリアといった、この病気が眼の中で悪化する方向に向かう働きをするVEGFという物質を抑える薬を眼の中に注射して、その前後で改善の具合を数値化して調べております。
  • 田淵
    治療法を探索するための臨床研究のためには、どうしてもいろいろな検査を受けて頂く事になりますね。
    どんな検査があるんでしょうか。
    永里
    我々は一般的な視力検査や眼底検査、OCT検査だけではなく、眼底造影検査や網膜の血流や感度を計る検査、黄斑浮腫の体積を計る検査を治療前後に行い、多角的に治療の効果を調べたり、判断の補助として使用しております。
  • 田淵
    最近、この領域でツカザキ眼科から初めてひとつの成果が出そうだと聞いていますが、
    その事について教えて下さい。
    永里
    血管閉塞疾患の中で、ある病気は発症した直後の網膜血流量が全体的に低下しますが、その低下が弱いと、治療して改善しやすく、またその低下が強いと治療しても改善しにくいことがわかってきました。ですので、低下が強い患者さんの場合は治療方針を変更したり、新たな治療方針を探す必要があるかもしれません。
  • [レーザースペックル眼底血流速度計測装置(LSFG-NAVI)] レーザースペックル眼底血流速度計測装置(LSFG-NAVI) レーザースペックル眼底血流速度計測装置(LSFG-NAVI)
    A.正常眼のLSFG-NAVIを用いた眼底視神経乳頭部血流画像: 全体的に暖色系が強く、網膜血流が豊富である。
    B.虚血型CRVO眼のLSFG-NAVIを用いた眼底視神経乳頭部血流画像: 全体的に寒色系が強く正常画像と比較して網膜血流が少ない。
  • 田淵
    ツカザキ病院眼科の網膜血管閉塞疾患領域のリーダーとしての永里先生が描く未来像を教えて下さい。
    永里
    一般的にあまり知られてない名前の病気ばかりであり、発症し、眼科で説明を聞くと驚く患者さんが多いです。そして、現在の治療では改善のないことも多く、それでも治療しないと悪化することも多いので、継続加療には患者さんには強い意志が必要となってきます。今は世界のスタンダードの治療を続けることがベストではありますが、今後は新たな治療方法や治療薬を見つけ、いつかは『治らない病気』から『治る病気』になったら良いな、と考えております。
  • 田淵
    ありがとうございました。
網膜血管閉塞疾患でお悩みの方は、どうぞお気軽に当科を受診下さい。
網膜血管閉塞疾患でお悩みの方は、どうぞお気軽に当科を受診下さい。
網膜血管閉塞疾患(BRVO,CRVO,BRAO,CRAO)
でお悩みの方は、
どうぞお気軽に当科を受診下さい。
交通のご案内
アクセスマップ
診察を希望される方へ 診察を希望される方へ
永里先生の初診受付日
月曜日、火曜日、金曜日
受付は朝8時から夕方5時までですが、
散瞳検査等での時間を考慮して、出来るだけ早い時間帯での受診をお勧めします。
セカンドオピニオンにも対応致します。
■お車でお越しの場合
太子龍野バイパス福田ランプより南へ約15分
眼の現代病特集
疾患説明ページ一覧