ページトップへ

社会医療法人三栄会 ツカザキ病院 基幹型臨床研修病院社会医療法人三栄会 ツカザキ病院 基幹型臨床研修病院

当院へのアクセス 079-272-8555
三栄会のご紹介
文字サイズ
検索
079-272-8555
アクセス

薬剤科

Top > 部門のご案内 > 薬剤科

薬剤科の特色

病院の基本理念に沿って、スタッフ一丸となって日々の業務に取り組んでいます。当直体制のため、24時間対応可能です。医療安全を重視し、指差し声だしを徹底し、安全の確保に努めています。お薬について、質問・相談等いつでも受け付けています。遠慮なくお申し出ください。

業務内容

調剤業務

調剤業務 イメージ 医師が処方した処方箋をもとに、薬歴・用法・用量・相互作用を確認し、不明な点があれば必ず処方医に問い合わせを行っています。
内服薬は患者さんの状態にあわせて、またご希望に沿った形で調剤します。(一包化や粉砕品等)
調剤業務 イメージ 注射薬は患者さん毎にかごを用意し、また1回分ずつに分けて、払いだしています。特に注意すべき用法・用量は注意喚起を行っています。

持参薬管理

持参薬管理 イメージ 医師・看護師へ薬剤の情報提供を行い、副作用発現防止に努めています。
患者さんの病状の改善につながるよう、チーム医療に貢献しています。

病棟業務

病棟業務 イメージ 医師・看護師へ薬剤の情報提供を行い、副作用発現防止に努めています。
患者さんの病状の改善につながるよう、チーム医療に貢献しています。
注意!! 抗菌薬の効き目が低下します!

服薬指導

服薬指導 イメージ 入院中は病棟薬剤師が服薬指導を行っています。新規処方の薬効・用法・用量の説明だけでなく、用量変更時や退院時の説明も行い、アドヒアランスの向上に努めています。
患者さんとコミュニケーションを図りながら、各々に合わせた指導を行っており、患者さんが話しやすい雰囲気作りを心掛けています。

抗がん剤無菌調製

抗がん剤無菌調製 イメージ 特に注意の必要な抗がん剤は、プロトコルの作成から投与量の計算、投与クールの管理、安全キャビネットでミキシングまですべて薬剤師が行っています。確認作業を複数の薬剤師が行うことで安全性を確保しています。

TDM(治療薬物モニタリング)

個々の患者さんに適した投与量になるよう投与設計を行い、医師に情報提供を行っています。
投与中に薬物血中濃度を測定し、薬剤の有効性の確保・副作用の早期発見に努めています。

医薬品在庫管理

医薬品在庫管理 イメージ 病院全体の薬剤の管理を薬剤師が行っています。期限や使用量によって定期的に改善を行い、安全に薬剤が使用されています。

チーム医療への参加

チーム医療への参加 イメージ 医療安全、感染制御に特に力を入れてチーム医療を行っています。
各病棟カンファレンス、ICT(感染対策チーム)、NST(栄養サポートチーム)、褥瘡回診等、担当薬剤師がコアメンバーとして活躍しています。

スタッフ紹介

  • ●薬剤師 14名
  • ●薬剤科事務 3名
  • ●認定薬剤師
    医療環境管理士 1名
  • 認定実務実習指導薬剤師 2名
  • NST専門療法士 1名
  • 日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師 2名