ページトップへ

社会医療法人三栄会 ツカザキ病院 基幹型臨床研修病院社会医療法人三栄会 ツカザキ病院 基幹型臨床研修病院

当院へのアクセス 079-272-8555
三栄会のご紹介
文字サイズ
検索
079-272-8555
アクセス

放射線科

Top > 部門のご案内 > 放射線科

業務内容

放射線科では、一般撮影、CT、MRI、血管撮影、超音波、などの機器を用いて画像作成し、デジタルで一括保存、管理され外来、病棟、手術室などで参照することができます。急性期の患者さんに対応する為、24時間いつでも機器の稼働が出来る体制をとり、迅速、確実に業務を行っています。

一般撮影

X線写真撮影
主に胸部では、肺・心臓疾患の診断、腹部では、腸管や体内臓器の状態等を診断するのが目的です。
上肢・下肢・体幹の骨の撮影では、骨折や骨腫瘍、関節炎、脱臼、変形等の診断をするのが目的です。
H29春より、DRの導入により待ち時間の短縮・被爆線量の軽減に努めています。
イメージ イメージ
マンモグラフィ
乳房のX線撮影のことです。乳がんや乳腺症などの診断をするのが目的です。女性技師が担当します。 イメージ
X線透視
胃、大腸の検査や内視鏡を用いて、胆管・膵管の造影や総胆管結石の除去を行う。
骨折の整復・ブロック等に使用する。 イメージ

CT

X線を使って体内の断層像を撮影し、コンピューターで解析処理をし画像 化します。短時間で広範囲の撮影が可能で3D処理により、体内の様子が詳しくわかり、診断・治療に大変役立ちます。また、造影剤を用いることにより、全身の血管の状態・腫瘍の鑑別等の診断が可能になります。
イメージ イメージ

MRI

強い磁石を使い、ラジオ波(電波)をあてることで体の中から出てくる信号をコンピューターで解析処理し画像にします。放射線による被ばくのない検査で関節や軟部組織の描出に優れています。また、造影剤を使わずに、脳血管を描出することもできます。あらゆる方向からの撮影が可能で診断・治療に有用です。
H30年春より、もう一基3Tを導入予定しております。
イメージ

血管撮影

血管撮影とは、足のつけね、手首・肘、などからカテーテルとよばれる細い管を血管内に挿入し、そこから造影剤を注入しながら血管のX線撮影を行う検査です。当院では、冠状動脈疾患の診断、治療を主に行います。血栓、動脈硬化による冠状動脈の狭窄・閉栓、閉塞性動脈硬化症をバルーンカテーテルやステントを用いて血管腔を広げ血流の改善が目的です。脳動脈瘤の治療では、動脈瘤の破裂を防ぐため瘤内に金属性のコイルを留置し出血を防ぎます。
H30年春より、もう一基導入予定しております。
イメージ イメージ

超音波

超音波を用いて、体内臓器(肝・胆・膵・腎・脾 等)の状態を診断を行う。また、乳がんや乳腺症の診断にも有用です。 イメージ