理想の医療を目指す臨床研修医、専攻医、中途医師へ

社会医療法人三栄会 ツカザキ病院 医師採用サイト社会医療法人三栄会 ツカザキ病院 医師採用サイト
079-272-8555
お問い合わせ

臨床研修医(初期研修医)募集

臨床研修医ブログ

2018.02.02
年が明け麻酔科ローテ

1月の研修医ブログは麻酔科ローテート中の森田が担当いたします。

麻酔科で研修医が身に付けたい手技はやはり「挿管」でしょう。

「挿管」とは気管挿管のことで気管内チューブを気管に挿入して気道確保する方法のことですが...実際のところ研修医にはハードルの高い手技の1つです。

循環器内科のローテート中に救急外来で一度試みたことはありましたが、きちんと喉頭展開をすることができず途中で交代してもらいました。

麻酔科では全身麻酔の際に気管内挿管をするので、比較的落ち着いた状態で気管内挿管をすることができるので、「挿管」の基本を学ぶことができます。

しかし、いざスタートしてみると、「あれ?全然見えない...」
...本当に難しく感じました。

指導医の垣内先生の喉頭展開を真横で見せていただいたのですが、声門が丸見えで唖然としました。

1ヶ月間の短い間でしたが、集中的に指導していただき、なんとか形にはなってまいりましたが、まだまだ拙い技術であり、さらに修練が必要だと痛感しました。いつか救急外来で素早く確実にできるようになりたいです。また指導医の先生から気管挿管よりマスク換気がしっかりできることの大切さを教わったので、今後、常にそれを意識していこうと思います。

2月からは外科をローテートしますが、麻酔科をローテートした後だということで、引き続き手術室で指導していただける事になりました。こういった他科との垣根の低い指導体制もこの病院を選んでよかった点だと感じました。

話は変わりますが、1月20日に姫路市医師会網干会の新年会に研修医一同出席させていただきました。普段からお世話になっている開業医の先生方と交流でき、またシャンソン歌手として著名な山田直毅氏や上野山みどり氏の歌声を楽しむことができました。

P。S。)
もうすぐ大学受験や医師国家試験の時期ですので受験生の皆さんは体調を崩さないようにお気をつけください。