ページトップへ

当院へのアクセス 079-272-8555
三栄会のご紹介
文字サイズ
検索
079-272-8555
アクセス

心臓血管外科

休日夜間緊急も含め、あらゆる成人心臓血管手術に対応可能です

Top > 診療のご案内 > 心臓血管外科 > 主な疾患
新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ
虚血性心疾患
冠動脈が動脈硬化などを原因として細くなったり、詰まってしまうことで、心臓の筋肉への血液が足らなくなる状態を総称して虚血性心疾患と言います。
突然、冠動脈が詰まってしまう場合が心筋梗塞と呼ばれる疾患です。詰まった部位から先の心臓の筋肉に血液が行き渡らなくなるため、心臓の筋肉が壊死してしまいます。
一方、冠動脈が狭くなり、心臓の筋肉への血液が少なくなった場合が狭心症と呼ばれる疾患です。この場合典型的には階段や坂道を登った時など(労作時)に胸が締め付けられるような症状を自覚します。
心臓弁膜症、低侵襲心臓手術(MICS)、不整脈手術、左心耳閉鎖術
心臓にある弁の機能が悪くなる病気が心臓弁膜症と言われる疾患です。
弁膜症の手術は、人工心肺という装置を使用し一時的に心臓を止めて行う必要があります。そのため基本的には胸の真ん中を縦に切開する手術(胸骨正中切開)が必要となります。
最近では症例によって胸骨を切らない低侵襲手術(MICS)を選択することもできます。
悪くなった弁の治療は大きく分けて2通りの方法があります。一つは悪くなった弁を切除し新しい人工弁に取り替える方法(人工弁置換術)、もう一つは悪くなった弁を修理し弁の機能を取り戻す方法(弁形成術)です。
急性大動脈解離
急性大動脈解離とは、その名の如く、急に大動脈が解離してしまう重篤な救急疾患です。
大動脈が裂ける際には過去に経験したことのないような激烈な痛みが伴います。大動脈の裂ける部位によって胸が痛むこともあれば、背中が痛むこともあります。
急性大動脈解離の手術は簡単に言うと裂けてしまった大動脈を人工血管に取り替える手術となります。
胸部大動脈瘤に対する人工血管置換術、ステントグラフト内挿術
心臓から送り出される血液が通る太い血管(通常は直径3cm程度)を胸部大動脈といいます。この壁が弱くなって、局所的にふくれた状態(正常の1.5倍以上)が胸部大動脈瘤です。
大動脈瘤は、その形から壁の一部が膨らんで瘤になった場合(嚢状大動脈瘤)と、大動脈の壁が全周にわたって膨らんだ場合(紡錘状大動脈瘤)に分けられます。いったん動脈瘤ができてしまうと、自然に縮小することはなく、残念ながら現時点では、有効な薬物療法もありません。従って、胸部大動脈瘤は破裂する前に外科的手術治療をするのが原則です。
腹部大動脈瘤に対する人工血管置換術、ステントグラフト内挿術
腹部の内臓や足に血液を送る太い血管(直径約2cm)を腹部大動脈と言います。この壁が弱くなって、局所的にふくれた状態(正常の約1.5倍以上(直径約3cm以上))が腹部大動脈瘤です。
原因の大半が動脈硬化によりますが、塩分の高い食事習慣や、喫煙といった生活習慣により、動脈に起こる変化です。いったん動脈瘤ができてしまうと、自然に縮小することはなく、残念ながら現時点では、有効な薬物療法もありません。従って、腹部大動脈瘤は破裂する前に外科的手術治療をするのが原則です。
末梢動脈狭窄、閉塞に対する手術
閉塞性動脈硬化症とは動脈硬化により下肢の動脈が狭くなったり詰まってしまうことで、下肢血流が悪くなってしまう病気です。動脈硬化が原因ですので、タバコ、糖尿病、高血圧、コレステロールの値が高い、腎不全、透析などがリスクとなります。
急性動脈閉塞は動脈硬化で徐々に動脈が細くなる病態とは異なり、急に動脈が詰まってしまうことで生じる疾患です。原因としてはどこかから動脈血流に乗ってゴミが流れてくる塞栓症と、下肢動脈に血の塊ができて詰まってしまう血栓症の2つに大別されます。
透析シャント作成、シャントトラブルに対する手術
腎不全により腎臓の機能が悪化すると、体内の老廃物を体外へ尿として排泄が上手く出来なくなり、尿毒症や心不全となり、そのまま放置すると命に関わる事態となります。その為、腎臓の機能が低下した場合には定期的に(通常は1週間に3回)血液透析を行う必要があります。
腕の動脈は透析を回すだけの十分な血液が得られますが、動脈自体は深いところを走っていることが多く、簡単に刺すことが出来ません。その為、手術で動脈と静脈をつなぎ(シャント作成)、静脈に流れる血液量を増やし、そこから血液をとるという方法をとります。
下肢静脈瘤
下肢、足難治性潰瘍
診療科一覧
地域の先生方へ(紹介手順)