ページトップへ

当院へのアクセス 079-272-8555
三栄会のご紹介
文字サイズ
検索
079-272-8555
アクセス

消化器内科

消化管とその付属器の診療を行っております

Top > 診療のご案内 > 消化器内科

診療内容

当科では、消化器系の臓器(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肝臓、胆道、膵臓など)の腫瘍や炎症などの疾患について診療を行っています。
主な対象疾患として、食道・胃・大腸・胆道や膵臓などに生じる腫瘍はもとより逆流性食道炎、胃・十二指腸潰瘍、ヘリコバクター・ピロリ感染、感染性腸炎、虚血性大腸炎、大腸憩室炎、大腸憩室出血、腸閉塞、胆嚢結石、総胆管結石、急性膵炎、慢性膵炎、慢性肝炎、肝硬変等の診療にあたっています。

少しでも楽に安心して内視鏡検査・治療を受けていただくために

当院ではご希望される方に、鎮静剤(眠たくなる薬)を使用し、できる限り苦痛の少ない内視鏡検査を行っています。ご希望される方には、細径の内視鏡を使った鼻からの内視鏡検査を行うことも可能です。
鎮静剤を使用した後は当日の検査終了後の帰宅時、車や自転車等の運転はできないことを御了承ください。当院では、安全性を確保するため、付き添いの方をお願いしています。

安全に内視鏡検査を行うため、鎮静剤を使用の有無に関わらず、呼吸状態や脈拍などの状態を確認するモニターをつけて行います。検査終了後も、しばらくの時間は安静状態を保ち、血圧、呼吸状態、意識状態を確認したうえで、安静の解除を行うようにしています。

当院は日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本消化管学会などの教育施設または教育関連施設として、先進的な知見を取り入れて質の高い診療を行うことを心がけています。さらに、当院では、多くの看護師・臨床工学士が日本内視鏡技師会により内視鏡技師の認定を受けており、多職種がより安全で専門的な内視鏡診療ができるように多職種で力を合わせて取り組んでいます。
最近の内視鏡診療の進歩には目覚ましいものがあり、消化器診療に果たす役割は増しています。
診療科一覧
地域の先生方へ(紹介手順)