ページトップへ

当院へのアクセス 079-272-8555
三栄会のご紹介
文字サイズ
検索
079-272-8555
アクセス

消化器内科

消化管とその付属器の診療を行っております

Top > 診療のご案内 > 消化器内科 > 主な内視鏡治療 > さらに専門性を追及して

さらに専門性を追及して

大きな結石や腫瘍でも胆汁の流れを回復させるために

大きな胆管結石でも摘除するために内視鏡を使用して砕石し取り出すことも可能です。
患者さんにとって負担が重いと考えられた場合や、重症胆管炎を治療することが優先される場合、或いは、腫瘍等のできものによって総胆管が塞がれている閉塞性黄疸には、ERBD(内視鏡的胆汁ドレナージ術※1)または、ENBD(内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術)を行うこともあります。症例に応じて、長期間の留置には内径の太いメタリックステント(EMS)を選択することもあります。

※1:ドレナージとは流れの良くない内腔を開放する治療

胆道(胆嚢や胆管)や膵臓を詳しく調べるために

EUS(超音波内視鏡検査)
当院ではさらに胆道(胆嚢や胆管)や膵臓を詳しく調べるために、超音波内視鏡EUSを導入し、胆嚢や胆管の疾患、膵嚢胞等の膵疾患の精査にも取り組んでいます。
この方法は、超音波(エコー検査)装置を有した内視鏡を使用して、胃や十二指腸などの、胆嚢、胆管、膵臓を調べる検査です。腹部CT検査やMRI検査に加え、胃や十二指腸などの近いところから超音波で観察できるため、詳しく調べることができます。主な対象疾患胆道疾患は、胆のうがん、胆管がんなどの胆道系等の腫瘍や膵嚢胞性疾患、膵がんなどです。

胃手術後の再建腸管症例に生じた総胆管について

胃手術をうけられた方は食べ物の通る消化管の流れ道が通常と変更されているため、総胆管結石や閉塞性黄疸の内視鏡治療は容易ではなく、術後再建腸管(施術できる施設は限られています)でも長尺の大腸内視鏡を使用して術後再建腸管の総胆管結石や閉塞性黄疸の内視鏡治療にも取り組んでいます。
診療科一覧
地域の先生方へ(紹介手順)