ページトップへ

当院へのアクセス 079-272-8555
三栄会のご紹介
文字サイズ
検索
079-272-8555
アクセス

脳神経外科

最先端の検査装置を使用して診断いたします

Top > 診療のご案内 > 脳神経外科
AIMIT 先端画像・低侵襲治療センター AIMIT 先端画像・低侵襲治療センター

診療内容

当院脳神経外科は、中播磨・西播磨医療圏全域において救急医療・急性期医療の中核的役割を担っています。脳卒中、脳腫瘍、脊椎脊髄疾患、外傷性疾患、機能的疾患など脳神経外科全般の診療をおこなっております。

常に医療技術の向上を図り、また適宜、検査・診断機器の更新を行うことで、患者さんに高度医療を持続的に提供できるよう努めております。

急性期脳血管障害(脳卒中)に対しては、専任の医師・薬剤師が24時間365日常駐する脳卒中ケアユニット(SCU)において集中的な治療を行います。超急性期の脳血栓溶解療法、脳血栓回収療法、脳血管内治療や開頭術を迅速に行える体制を整えています。脳卒中急性期リハビリテーションについては、人材豊富なリハビリテーションスタッフを中心にチーム医療を実践しています。発症早期から毎日、土日祝日も途切れることなく十分な機能回復訓練をおこなっています。 脊椎・脊髄疾患においては、全脊椎高位へ広く標準治療を提供しています。

当地域における脳神経外科救急医療・急性期医療の基幹的診療科として患者さんや地域の先生方に、安心して広く御利用頂けるよう頑張っていきたいと思っております。

当院の充実した検査装置(3D-CT、3D-MRI、3D-DSA)を使用して診断いたします。
十分な説明と同意を得て、脳血管障害、脳腫瘍、脊椎脊髄疾患などを 患者さんそれぞれの病態についてのエビデンスに基づいて、 最適な手術支援機器【O-arm(図1)、C-arm(図2)、手術顕微鏡PENTERO(図3)、メドトロニックのナビゲーションシステム(図4)、 神経内視鏡システム、ニューロナビゲーションシステム、 血管内治療システム等々】を用いて治療を行います。
  • O-arm 図
    (図1)O-arm
  • C-arm 図
    (図2)C-arm
  • 手術顕微鏡PENTERO 図
    (図3)手術顕微鏡PENTERO
  • 手術用ナビゲーションシステム 図
    (図4)手術用ナビゲーションシステム

診療時間・担当医表

診療時間及び担当医表は、外来担当医表をご覧ください。
診療科一覧
地域の先生方へ(紹介手順)