ページトップへ

当院へのアクセス 079-272-8555
三栄会のご紹介
文字サイズ
検索
079-272-8555
アクセス

脳神経外科

最先端の検査装置を使用して診断いたします

Top > 診療のご案内 > 脳神経外科 > 脳神経外科の取り組み
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の診療に関するお願い
当院で新型コロナウイルス感染症の診察を希望される方は、まずこちらをご確認ください。
該当される場合、まず最寄りの帰国者・接触者相談センターにご相談ください。
センターに相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いがある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」のある病院が紹介されます。ご協力お願い致します。
面会禁止のお知らせ
新型コロナウイルス感染症対策として、不要不急の面会を原則禁止しております。
ただし手術・面談などで病院が来院をお願いした場合や、特別な事情がある場合は除きます。
ご理解・ご協力をお願い申し上げます。
面会禁止のお願い
AIMIT 先端画像・低侵襲治療センター AIMIT 先端画像・低侵襲治療センター
一次脳卒中センター(PSC)認定について
当院は「一次脳卒中センター」の認定を受けました。
地域の医療機関や救急隊からの要請に対して、24時間365日脳卒中患者を受け入れ、
急性期脳卒中診療担当医師が、患者搬入後可及的速やかに診療(rt-PA静注療法を含む)を開始できる施設のことです。

脳神経外科の取り組み

当院脳神経外科は、播磨姫路医療圏全域において救急医療・急性期医療の中核的役割を担っています。脳卒中、脳腫瘍、脊椎脊髄疾患、外傷性疾患、機能的疾患など脳神経外科全般の診療をおこなっております。

常に医療技術の向上を図り、また適宜、検査・診断機器の更新を行うことで、患者さんに高度医療を持続的に提供できるよう努めております。

急性期脳血管障害(脳卒中)に対しては、専任の医師・薬剤師が24時間365日常駐する脳卒中ケアユニット(SCU)において集中的な治療を行います。超急性期の脳血栓溶解療法、脳血栓回収療法、脳血管内治療や開頭術を迅速に行える体制を整えています。脳卒中急性期リハビリテーションについては、人材豊富なリハビリテーションスタッフを中心にチーム医療を実践しています。発症早期から毎日、土日祝日も途切れることなく十分な機能回復訓練をおこなっています。 脊椎・脊髄疾患においては、全脊椎高位へ広く標準治療を提供しています。

当地域における脳神経外科救急医療・急性期医療の基幹的診療科として患者さんや地域の先生方に、安心して広く御利用頂けるよう頑張っていきたいと思っております。

診療時間・担当医表

診療時間及び担当医表は、外来担当医表をご覧ください。
診療科一覧
地域の先生方へ(紹介手順)