ページトップへ

当院へのアクセス 079-272-8555
三栄会のご紹介
文字サイズ
検索
079-272-8555
アクセス

脳神経外科

最先端の検査装置を使用して診断いたします

Top > 診療のご案内 > 脳神経外科 > 主な疾患
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の診療に関するお願い
当院で新型コロナウイルス感染症の診察を希望される方は、まずこちらをご確認ください。
該当される場合、まず最寄りの帰国者・接触者相談センターにご相談ください。
センターに相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いがある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」のある病院が紹介されます。ご協力お願い致します。
面会禁止のお知らせ
新型コロナウイルス感染症対策として、不要不急の面会を原則禁止しております。
ただし手術・面談などで病院が来院をお願いした場合や、特別な事情がある場合は除きます。
ご理解・ご協力をお願い申し上げます。
面会禁止のお願い
AIMIT 先端画像・低侵襲治療センター AIMIT 先端画像・低侵襲治療センター
一次脳卒中センター(PSC)認定について
当院は「一次脳卒中センター」の認定を受けました。
地域の医療機関や救急隊からの要請に対して、24時間365日脳卒中患者を受け入れ、
急性期脳卒中診療担当医師が、患者搬入後可及的速やかに診療(rt-PA静注療法を含む)を開始できる施設のことです。

血栓回収療法

脳梗塞は脳血管が詰まることによって血液が流れなくなることで、脳細胞が死んでしまう病気です。
脳梗塞治療では1分でも早く血管を再開通させることが、後遺症を少なくするために最も大切なことです。血管を塞いでいる血栓を溶かして、血液が再び流れるようにするのが、tPA静注療法です。

未破裂脳動脈瘤

脳動脈瘤が破裂し頭の中に出血(くも膜下出血、脳内出血)を起こすと、死亡率が30~50%といわれています。破裂した後で治療を行い、良好な回復を得ることが出来るのは全体の約10-20%の方だけです。未破裂脳動脈瘤はおよそ一年に1%の割合で破裂すると考えられています。

頸動脈狭窄に
対する
血行再建

頚動脈狭窄症とは、脳へ血液を送る頚動脈の内腔が、動脈硬化症、稀には炎症や外傷などによって狭くなる病気です。狭窄によって血液の流れが妨げられると、脳への酸素や栄養分の供給ができなくなり、血流の流れの乱れによってできた血の固まり(血栓)が血管を閉塞し、様々な症状をもたらします。

脳動静脈奇形

脳動静脈奇形というのは、脳の一部分に異常血管(脳の動脈と静脈の間に細かな異常な血管ができたり、動脈と静脈が直接つながったり)があり、そこを介する動脈と静脈の間に短絡(異常な連絡)があるという病態です。動脈と静脈に様々な変化が起き、このため、脳出血や脳室内出血、脳梗塞、痙攣などを起こし、意識障害、言語障害、手足の麻痺、顔や眼の障害などをもたらし、死にいたることもある病気です。
診療科一覧
地域の先生方へ(紹介手順)