ページトップへ

当院へのアクセス 079-272-8555
三栄会のご紹介
文字サイズ
検索
079-272-8555
アクセス

脳神経外科

最先端の検査装置を使用して診断いたします

Top > 診療のご案内 > 脳神経外科 > 主な疾患 > 血栓回収療法
新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ AIMIT 先端画像・低侵襲治療センター AIMIT 先端画像・低侵襲治療センター
一次脳卒中センター(PSC)認定について
当院は「一次脳卒中センター」の認定を受けました。
地域の医療機関や救急隊からの要請に対して、24時間365日脳卒中患者を受け入れ、
急性期脳卒中診療担当医師が、患者搬入後可及的速やかに診療(rt-PA静注療法を含む)を開始できる施設のことです。

血栓回収療法

脳梗塞は脳血管が詰まることによって血液が流れなくなることで、脳細胞が死んでしまう病気です。脳梗塞治療では1分でも早く血管を再開通させることが、後遺症を少なくするために最も大切なことです。血管を塞いでいる血栓を溶かして、血液が再び流れるようにするのが、tPA静注療法です。発症から4.5時間以内の急性期脳梗塞に対するtPA静注療法は、現在標準的な治療として広く行われています。しかし、tPA静注療法は再開通率が低いこと(約30~40%)や適応時間が短いことが問題であり、その適応患者も限られています。
そこでtPA静注療法によって症状の改善が認められない場合や治療の適応外の症例に対して、カテーテルを用いた脳血管内治療が行われるようになり、最近では血栓回収デバイスによる血栓回収療法が注目されるようになってきました。
脳梗塞の血管内治療は、発症後8時間以内の患者さんが対象となります。カテーテルを足の血管から挿入して、頭の中の脳血管へ進め、血管を塞いでいる血栓を回収し、閉塞した脳血管を再開通させます。

手術方法

径が1mm以下から3mmの太さの、全長150cm前後のカテーテルを、主に足の付け根から血管の中に挿入して行います。詰まっている血栓を、カテーテルを用いて吸引したり、金網の筒のようになっている血栓除去デバイス(ステント)を用いて、回収除去したりすることで再び脳血流を開通させることを目的とします。

2019年脳血管内手術件数内訳 件数
経皮的脳血栓回収術 63件
脳血管内手術(コイル塞栓術) 52件
経皮的頸動脈ステント留置術 41件
血管塞栓術 15件
経皮的脳血管形成術 37件
その他 1件
総件数 209件
診療科一覧
地域の先生方へ(紹介手順)