ページトップへ

当院へのアクセス 079-272-8555
三栄会のご紹介
文字サイズ
検索
079-272-8555
アクセス
眼 科

あらゆる眼の病気の方に寄り添うパートナーであれるよう
私たちは努力を続けています。

Top > 診療のご案内 > 眼科 > 手術室内医療安全管理AIシステムについて
人工知能チーム Deep Oculus 人工知能チーム Deep Oculus
  • 緑内障について
  • 日帰り緑内障手術について
  • HFA10-2視野進行MAP
  • 緑内障の点眼薬について
  • 緑内障チューブシャント手術について
  • 眼圧、緑内障、視野検査について
  • 流涙について
  • 強度近視眼底
  • 近視性牽引黄斑症
  • 網膜前膜について
  • 網膜血管閉塞疾患について
  • 硝子体注射について
  • 飛蚊症と網膜剥離
  • 糖尿病網膜症について
  • 黄斑円孔について
  • Part10 網膜色素変性症について
  • 色覚異常について
  • アレルギー性結膜疾患について
  • 加齢黄斑変性について
  • 加齢黄斑変性に対するサプリメント
  • 多焦点眼内レンズと乱視用眼内レンズ
  • 眼内レンズの選択について
  • 白内障術後の見え方について
  • 白内障手術について
  • 眼外傷について
  • 弱視、およびその治療
  • 斜視について
  • 眼瞼疾患について
  • 角膜疾患
  • 円錐角膜について
  • ぶどう膜炎について
  • ドライアイについて
  • マイボーム機能不全
  • ロービジョンについて
  • 手術内医療安全管理AIシステム

ツカザキ病院眼科 疾患説明シリーズ 手術室内医療安全管理AIシステムについて ツカザキ病院眼科 疾患説明シリーズ 手術室内医療安全管理AIシステムについて

  • 田淵
    まず、手術室内医療安全管理AIシステムとはどのようなものでしょうか。
    石飛
    眼科手術において間違えることができない3つの確認事項である①本人情報、②左右眼情報、③眼内レンズ情報を確認する人工知能(AI)を用いた安全管理システムです。当科のAI研究チームによって独自に研究開発を行いました。
<予定通りの場合>
<間違いの場合>
  • 田淵
    なるほど、どうして手術室内医療安全管理AIシステムが必要なのでしょうか。 
    石飛
    眼科手術は全科の中で最も手術件数が多く、白内障手術は国内で年間約170万件が行われています。大量の手術の中で、1件のミスが患者さんに重篤な不利益を与えてしまいます。ミスを防ぐための情報確認を我々医療従事者は努めています。しかし、ヒトは全ての情報確認をミスなく行うことが、残念ながら不可能であるという特性があります。そこで、我々はヒト以外の機械的チェックシステムとしてAIを導入することにしました。
  • 田淵
    これまではどのような対策がとられていたのでしょうか。
    石飛
    当院では患者さんに本人情報の載ったネームバンドを巻いて頂き、左右シールを装着して頂いております。また、眼内レンズは前日と当日の朝に確認を行っています。さらに、それぞれの確認を手術室に入る際や手術直前にも複数人で行っています。この厳格な確認体制によって、ほぼ全てのミスは途中で気付く仕組みをとっています。
<ネームバンド>
<左右シール>
<眼内レンズは専用BOXにて1件ずつ準備>
  • 田淵
    これまでの仕組みだけで十分ではないでしょうか。
    石飛
    人間に完璧はありません。人間は適度な緊張状態であっても1000回に1回はミスをするという報告があります。また、1万回に1回は通常ありえないミスをすることも分かっています。さらに、複数人で確認した場合、3人以上からは人任せになり、ミスの検出率が下がるという報告もあります。他に、疲れや急いでいる時、一緒にいる人間関係からもミスの可能性は上がります。
    ミスを必ず防ぐために、人間の行動特性を踏まえて、我々はこれまでの仕組みと人間以外のチェックシステムの両方が必要だと考えています。
  • 田淵
    ツカザキ病院眼科では、どの程度の手術件数があるのでしょうか?
    石飛
    注射の手技を含めることになりますが、年間で1万件を超える治療を手術室で行っています。これは、さきほどの話の繰り返しになりますが、1万回に1回のありえないミスの危機に毎年さらされていることになります。
  • 田淵
    AIの精度はどの程度なのでしょうか?
    石飛
    実証実験を行った結果は認証精度100%でした。この時はAIと研修医3名で本人、左右眼、眼内レンズの認証精度を比較しました。その結果、研修医はいずれも100%の結果をつくることができませんでした。この実験から、AIは正しく使用すれば人間よりも精度が高いことが分かりました。
  • 田淵
    導入から現在までの取り組みについて教えてください。
    石飛
    患者さんの情報をカルテ以外からも得られることで安心感に繋がる、という声をあるスタッフからは頂きました。しかし、導入当初は想定していない撮影で認証精度が下がったり、忙しい中だと実施が後回しになることもありました。
    そこで、実施成績をフィードバックするミーティングを毎月行い、原因を調査しました。どのような問題があったのかを明確にすることや、現場からの要望を基に仕組みの改善を続け、現在はほぼ100%の認証精度と実施率になっています。
    <ミーティングの様子>
  • 田淵
    最後に、今後の展望を教えてください。
    石飛
    手術室内医療安全管理AIシステムを活用する事で、より安心できる手術環境を提供できます。しかし、導入すればするほど現場からは想定外の問題が発生します。今後も地域の皆様にとって安全で安心な環境をつくり続けていく為に、スタッフ内で連携をとりながら改善に努めていきます。

交通のご案内

アクセスマップ
■お車でお越しの場合
太子龍野バイパス福田ランプより南へ約15分
眼の現代病特集
疾患説明ページ一覧
地域の先生方へ(紹介手順)