ページトップへ

当院へのアクセス 079-272-8555
三栄会のご紹介
文字サイズ
検索
079-272-8555
アクセス
眼 科

あらゆる眼の病気の方に寄り添うパートナーであれるよう
私たちは努力を続けています。

Top > 診療のご案内 > 眼科 > ドライアイについて
人工知能チーム Deep Oculus 人工知能チーム Deep Oculus
  • 緑内障について
  • 日帰り緑内障手術について
  • 網膜前膜について
  • 流涙について
  • 加齢黄斑変性について
  • 多焦点眼内レンズと乱視用眼内レンズ
  • 網膜血管閉塞疾患について
  • 円錐角膜について
  • 糖尿病網膜症について
  • 強度近視眼底
  • 網膜色素変性症について
  • 飛蚊症と網膜剥離
  • 角膜疾患
  • 斜視について
  • ドライアイについて
  • 黄斑円孔について
  • ぶどう膜炎について
  • 眼瞼疾患について
  • ロービジョンについて
  • 眼圧、緑内障、視野検査について
  • 色覚異常について
  • 弱視、およびその治療
  • 硝子体注射について
  • 眼外傷について
  • 網膜分離症
  • 緑内障ロングチューブシャント手術について
  • 緑内障の点眼薬について
  • HFA10-2視野進行MAP produced by M.Shiraishi
  • 加齢黄斑変性に対するサプリメント
  • 白内障手術について
  • 眼内レンズの選択について
  • 白内障術後の見え方について

ツカザキ病院眼科 疾患説明シリーズ Part14 ドライアイについて ツカザキ病院眼科 疾患説明シリーズ Part14 ドライアイについて

はじめに

ドライアイについて

眼の表面の潤いが少なく乾燥して、黒目の表面に肌荒れのような状態が生じます。
乾燥感、異物感、充血、流涙、かすみ眼、視力低下など、あらゆる症状を自覚します。
眼精疲労の主要な原因疾患でもあります。
ドライアイの症状 図 ドライアイの症状 図

原因は?

涙の分泌量が減少すること、あるいは涙の成分に異常をきたすことが主な原因とされています。
涙液分泌量の減少の原因は様々あり、コンピュータのモニター作業による瞬きが極端に減少すること、あるいはエアコンを動作させることにより乾燥した室内にいたり、コンタクトレンズの装用、季節による空気の乾燥具合など、周りの環境、生活習慣が原因となることがあります。
また、環境以外にもムチンというタンパク質の量が減ることで、涙が不安定になったり、マイボーム腺と呼ばれる脂分の産出腺が梗塞して涙液蒸発量が増加することが原因であったり、シェーグレン症候群という全身疾患が背景にある場合もあります。
涙の成分が安定しない場合、涙の量は正常に分泌されているのにすぐに乾燥してしまい、結果ドライアイと診断されるケースもあります。

治療・当科では 治療・当科では

まずは、主な原因を把握するために涙液分泌量を検査で計測し、角膜・結膜・眼瞼・マイボーム腺の状態を顕微鏡で診察して診断します。
検査の結果を診て、その人にあった多様な治療方法を検討します。
人工涙液点眼、保湿点眼、涙点プラグ治療、涙点閉鎖術など、あるいはそれを組み合わせて眼表面の状態の正常化をはかります。
当科では、ドライアイの専門医が外来を開いています。
眼の表面の病気は、眼科診療の中でも複雑で特殊な難しい専門分野です。
眼の乾燥が気になる時は、一度専門医の診察を受けてみては如何でしょうか。
本日は、当科で教育担当として、ドライアイに対する外科治療を積極的に行っている丸岡先生にお話を伺います。
本日は、当科で教育担当として、ドライアイに対する外科治療を積極的に行っている丸岡先生にお話を伺います。

ドライアイについて

  • 田淵
    ドライアイという病気は、眼科の病気の中でも広く知れ渡ってますね。診断基準をまず説明して頂けますか。
    丸岡
    3つの項目になります。
    まず一つ目に自覚症状、涙液の異常、そして角結膜上皮の異常つまり、目の表面の異常になります。
  • 田淵
    病名として診断をつけるには、少し複雑な条件があるんですね。
    診断のための検査についてもう少し詳しく説明して下さい。
    丸岡
    涙液の異常としては、シルマー検査といって涙液の分泌が実際どれくらいあるのかという検査で、紙を眼に挟んで濡れてくる量で涙液の分泌量を計ります。またBUT検査は眼表面に涙が乗った時にどれくらいの時間ではじけてくるかを測る検査で、診察の際に行います。眼の表面の異常も診察時、涙の状態を見る際にフルオレセイン染色をするのですが、それによって眼の表面にある傷や涙の状態、瞼のこすれ具合などを詳しく見ることができ、評価します。
  • 田淵
    ドライアイと診断された場合にはどのような治療があるんでしょうか。
    丸岡
    まず基本は、涙液を補うところから始めます。一番眼表面にやさしい防腐剤フリーのソフトサンティアが基本です。
    これだけでもずいぶん楽になる人が多いです。
    炎症や感染によって涙の質が不安定になっている方も多いので、その原因にあわせて治療していくと涙は安定していきます。
    それでも難しい場合は、少ない涙でも溜まり易いような環境を作るために、プラグで涙点を塞いだり、結膜にたるみが出て眼表面に涙が溜まらない状態になっているのを改善するために、結膜を整えるなど処置が必要な場合もあります。
    涙に含まれる油が少ない人には、ホットパックや軟膏も効果的です。
  • [ドライアイの患者さんの角膜染色写真] [ドライアイの患者さんの角膜染色写真] [ドライアイの患者さんの角膜染色写真]

    乾燥に起因する角膜表面の細かなでこぼこに貯留した蛍光染色剤が蛍光照明によって発光する事で、角膜表面の状態が視覚化されます。左図では角膜表面はつるっとしていて涙が安定しているのがわかります。中央図や右図では染まっている箇所に凸凹がみられ、涙が不安定な場所は、はじけてしまい涙が乗りません。そうして傷になっていき痛みなどの自覚症状につながっていきます。

  • 田淵
    なるほど、点眼治療が効かなかった場合、次の段階の治療もあるということですね。最近になって、薬効作用が異なった種類の点眼剤が複数使用できるようになりましたが、解説して頂けますか。
    丸岡
    ヒアルロン酸の点眼薬は、主に保湿です。水分を含んでとどめやすくするという役割です。
    そのため、涙の多い人にはとても良いですが、涙の少ない人には逆に自分の涙をとられてしまい逆効果の場合もあります。
    ムチンを増やす点眼薬は、水分を眼表面にくっつきやすくするという役割です。涙の少ない人は人工涙液の補いが少ないと、ムチンの濃度が増えすぎてしまい目やにのような涙になってしまうことがあり、注意が必要です。
    涙液を増やす点眼薬は効く人と効かない人がいますが、涙液の分泌を増やしてくれます。
  • 田淵
    点眼剤の種類がいくつもあって、その組み合わせには専門的な診断と治療が必要だと感じますね。
    ツカザキ病院眼科でも点眼剤が複数使用できるようになったのと合わせてドライアイ外来を専門外来として立ち上げた経緯があります。
  • 田淵
    点眼剤を用いた治療の際に、注意しないといけないのが薬剤性の角膜障害ですね。特にドライアイ患者さんの場合は、点眼治療がかえって問題を引き起こしやすいという事があると思うのですが、いかがでしょうか。
    丸岡
    それは診療をしていて、とても強く感じます。
    なので、ソフトサンティアという防腐剤フリーの点眼薬がまず基本なのですが、どうしても治療薬にひかれてしまい、ソフトサンティアの点眼を怠る人が多く、再度診察で説明することが多いです。先ほどでもありましたが、涙の少ない人は特にそれが起こってしまいがちで注意が必要です。
  • 田淵
    防腐剤にも種類がありますし、それらが入っていない角膜治療剤を時と場合によって使用していくという事になりますね。点眼剤の薬効成分以外にも、防腐剤の種類によっても違いがあって、実際の臨床での使用の組み合わせは相当に複雑ですね。
    丸岡
    本当に組み合わせは複雑です。
    アレルギーは最近特に問題となることが多いですので、使ってみて、反応を見て丁寧に選んでいくのがやはり大切だと思います。
  • 田淵
    ドライアイになる患者さんの中でシェーグレン症候群という全身的な疾患が背景にある患者さんがおられますね。
    丸岡
    シルマー試験が0mmに近い方には、必ず口は渇きませんか、パンは食べられますかと聞いています。
    口の渇きが認められる方には採血検査でシェーグレン症候群に特徴的な抗体が上がっていないかも調べています。
    シェーグレン症候群の方は特に重症のドライアイを伴う場合が多く、炎症も絡んでいることが多いので、単純にドライアイの治療だけでは難渋することが多いです。
  • 田淵
    抗がん剤を使用されておられる患者さんの中にも、顕著なドライアイ症状が出現する場合がありますね。
    丸岡
    涙液が減少する方もいますし、角膜の細胞の再生が鈍ることがあるということも報告されており、適切な点眼で重症化を回避することが大切だと考えています。

治療について

  • 田淵
    ドライアイ外来に通っておられる患者さんの通院の頻度というのはどれぐらいなんでしょうか。
    丸岡
    治療中は1ヶ月に一度くらいのペースで診察しています。
    落ち着いてくれば、特に夏の湿度の高い時期、診察頻度はあけていけると思います。
    ドライアイ重症の方は、目を開けられないくらいの状態になり、生活の支障も出やすいため、落ち着くまでは詰めて治療を加えていき、楽に生活ができるレベルまで早くもっていきたいと思っています。
  • 田淵
    また、ドライアイ診療と同様に日本の眼科学会が世界に発信している疾患で、マイボーム腺機能不全(MGD)という病気がありますね。この疾患について説明していただけますか。
    丸岡
    これの定義ですが、さまざまな原因によってマイボーム腺の機能に異常をきたした状態であり、慢性の眼不快感を伴うとされています。涙では、一番上層にある油層の形成にマイボーム腺は重要な役割を担っています。
    この油層があることで涙は蒸発しにくく安定するのです。それがMGDになると油層がうまく作れず、涙が不安定になります。
  • [マイボーム腺梗塞の所見] [マイボーム腺梗塞の所見]

    A では白矢印の先にPouting と呼ばれるマイボーム腺開口部における分泌物の異常貯留を認めます。Bのオレンジ色の円でマークされた部分の白い点状物の散在は、マイボーム腺開口部に油が固形化している状態で、マイボーム腺機能の低下を考えます。

  • 田淵
    なるほど、MGDも相当眼表面の状態に影響しますね。となるとドライアイなのかMGDなのかは専門性のある眼科医がきちんと診断しないと難しいですね。ドライアイとMGDの併発もあるんでしょうか。
    丸岡
    ほとんどの方がそうではないかと思うくらい多いです。
    ドライアイも年齢ともに涙液の分泌は減っていくので、悪化傾向になります。マイボーム腺の油の分泌も主に性ホルモンに依存しているといわれていますが、特に更年期を迎えた後の女性は明らかに悪化傾向にあります。
    併発というよりもむしろ悪影響しあっているように思います。ドライアイが悪くなれば、瞼のこすれから炎症が常にある状態になり、それによってマイボーム腺機能も悪くなり、油の分泌が悪くなる。そうすれば涙の油層がうまく作れなくなり涙が不安定になってドライアイは悪化する。といった悪いサイクルが始まります。
  • 田淵
    MGDの治療法としてはどんなものがあるんでしょうか。
    丸岡
    MGDは、油の性質が悪くなり、正常の方より固まりやすくなっているといわれています。そのため油が詰まってだんだんマイボーム腺が働かなくなってきていると考えられています。なので、その詰まった油を溶かすためのホットパックが基本です。
    10分以上暖かいタオルを眼の上に乗せることを3ヶ月ほど毎日続けると違ってきます。
  • 丸岡
    そうして油が詰まってだんだんマイボーム腺が働かなくなってきていると考えられています。なので、その詰まった油を溶かすためのホットパックが基本です。10分以上暖かいタオルを眼の上に乗せることを3ヶ月ほど毎日続けると違ってきます。
  • 田淵
    眼表面の病気は進行が早く治癒も早いですが、再発しやすいというイメージがありますが、その点はいかがでしょうか。
  • 丸岡
    崩れていくと階段をかけ降りるように悪化していきます。
    また、ある程度は自分の涙で何とかしようと身体も反応するのですが、それでも追いつかなくなって初めて症状に出るので、症状が出てくるまでの期間は実は結構長いと考えています。
    症状が出てくるまで長い期間蓄積されているので、改善するのにも時間がかかることがほとんどです。治療の1クール、大体3か月と考えてもらえればいいと思います。それくらい時間がかかると思って根気よく続けてもらいたいです。そうでないと自覚症状が改善しても、しっかりいい状態まで持ってこれていなければ、すぐにまた崩れることが多いです。それで治らないと思われる方も多く、本当に根気がいります。
    お肌のお手入れをするように、目のお手入れをしているという感覚で、根気よく目のケアにも気を配って頂けると、このパソコン無しではやっていけない世の中でもやっていけると考えています。
  • 田淵
    となると、ドライアイやMGDの診断がついた事のある患者さんには、いわゆるかかりつけの眼科医の存在が重要な気がします。それと、きちんと画像データとして病気の経過が記録に残っているかも重要ですね。
    丸岡
    そう思います。
    いろんな傾向を蓄積していくと注意すべき点はそれぞれに違ってくるので、年単位で傾向を把握することが大切だと思います。
  • 田淵
    ドライアイやMGDに対する専門外来というのは、派手さはないですが、すごく丁寧な診療が必要ですね。
    丸岡
    全般的な診療にくらべて、専門外来は様々な面からひとつの疾患を診察するので、とても時間と根気が必要だと感じます。
    ただ、どうしてもドライアイやMGDはいずれの人も無関係ではいられない疾患だと思うので、患者さんに上手に付き合ってもらうようになることで生活をより快適なものにできればと思っています。
  • 田淵
    丸岡先生は現在マイボーム腺の構造解析をテーマに臨床研究を行っておられますが、その点について教えて下さい。
    丸岡
    マイボーム腺自体、いまだどのような機能を果たしているのかはっきりわかっていない部分であり、それでもこうやって専門外来をさせてもらっていると少なからず困っている患者さんはいらっしゃって、実際治療をしていくと改善する感触をもつことができています。
    特に女性は、高齢化のこの世の中では更年期を迎えてもまだ活躍される方はどんどん増えているので、どうやってこのマイボーム腺をいい状態にすることができるか、ドライアイ症状を軽くすることが出来るのか、それによって生活しやすさが変わってくると感じるので、マイボーム腺の機能をより理解し管理の仕方を少しでも、よりよく出来ればと思っています。
  • 田淵
    丸岡先生はツカザキ病院眼科のドライアイ外来の中心になって診療をされておられますが、ツカザキ病院眼科の未来像を教えて下さい。
    丸岡
    それぞれのエキスパートをお互いにお互いの専門性を共有しながらも、すみわけができ、来院された患者さんにとって、ツカザキ病院眼科が 日本中、世界中の眼科で必要な専門知識を効率よく提供できる場所になることです。
  • 田淵
    どうもありがとうございました。
ドライアイでお悩みの方は、どうぞお気軽に当科を受診下さい。
ドライアイでお悩みの方は、どうぞお気軽に当科を受診下さい。
ドライアイでお悩みの方は、
どうぞお気軽に当科を受診下さい。

交通のご案内

アクセスマップ

診察を希望される方へ 診察を希望される方へ

丸岡佐知子先生の初診日は、月曜日、火曜日、水曜日、金曜日の午前中です。正式な診断まで複数回の通院が必要である事があります。診察に時間がかかる領域ですので、待ち時間が長くなる事をご了承下さい。セカンドオピニオンにも対応致します。
■お車でお越しの場合
太子龍野バイパス福田ランプより南へ約15分
眼の現代病特集
疾患説明ページ一覧
地域の先生方へ(紹介手順)