ページトップへ

当院へのアクセス 079-272-8555
三栄会のご紹介
文字サイズ
検索
079-272-8555
アクセス
眼 科

あらゆる眼の病気の方に寄り添うパートナーであれるよう
私たちは努力を続けています。

Top > 診療のご案内 > 眼科 > 眼の現代病特集 > 落屑症候群について
人工知能チーム Deep Oculus 人工知能チーム Deep Oculus
  • 斜視ってどんな病気?
  • 近視ってどんな病気?
  • コンタクトレンズについて
  • 白内障について
  • 落屑症候群について

Q&Aで疑問を解決!落屑症候群について ツカザキ病院眼科部長 中倉 俊祐 Q&Aで疑問を解決!落屑症候群について ツカザキ病院眼科部長 中倉 俊祐

落屑症候群ってどうしてなるの?
落屑症候群 イメージ
瞳孔縁や水晶体囊前面などに白いフケ状の落屑物質が沈着します。
この物質は一生出続けます。
原因は?どんな人がなりやすい?
◎遺伝、コーヒー、寒冷地、紫外線などにより眼内の組織が脆くなるのが止まらなくなり、
フケ状物質が飛散します。
◎50歳以上に多く、年齢とともに増加し、70歳以上で約2%以上になります。
一般的な開放隅角緑内障は8%程度ですが、 高齢化で近年増加しています。
◎10~15年たつと30~50%の方で落屑物質は両眼に現れます。
◎難聴の方が多いです。
落屑緑内障の特徴は?
◎放置すると眼圧は年間1mmHgずつ上昇します。充血などの自覚症状はなく眼圧は高くなり、
視野が悪化してから来院する方が多いです。
◎落屑物質があるだけの落屑症候群は、10年で30%が視野欠損のある落屑緑内障に移行します。
◎最初は緑内障点眼薬で眼圧が良く下がりますが、じわじわ上昇しやすいです。
◎眼圧変動が大きく視神経の構造が弱いため、視野欠損の進行は速いです。
◎緑内障手術が複数回必要なことが多いです。
落屑症候群の白内障の特徴は?
◎水晶体を支える組織が弱く瞳孔が開きにくいので、白内障手術の難易度が年々上がります。
◎眼内レンズが将来的にずれる可能性があります。
最後に
落屑症候群の方は年1回の眼圧チェックを!
すでに落屑緑内障になられている方は、3ヶ月に1回は必ず診察にお越し下さい。
眼の現代病特集
疾患説明ページ一覧
地域の先生方へ(紹介手順)