ページトップへ

社会医療法人三栄会 ツカザキ病院 基幹型臨床研修病院社会医療法人三栄会 ツカザキ病院 基幹型臨床研修病院

当院へのアクセス 079-272-8555
三栄会のご紹介
文字サイズ
検索
079-272-8555
アクセス

眼 科

あらゆる眼の病気の方に寄り添うパートナーであれるよう
私たちは努力を続けています。

Top > 診療のご案内 > 眼科 > 網膜細動脈瘤破裂
人工知能チーム Deep Oculus 人工知能チーム Deep Oculus
  • 緑内障について
  • 日帰り緑内障手術について
  • 網膜前膜について
  • 流涙について
  • 加齢黄斑変性について
  • 多焦点眼内レンズと乱視用眼内レンズ
  • 網膜血管閉塞疾患について
  • 円錐角膜について
  • 糖尿病網膜症について
  • 強度近視眼底
  • 網膜色素変性症について
  • 飛蚊症と網膜剥離
  • 角膜疾患
  • 斜視について
  • ドライアイについて
  • 黄斑円孔について
  • ぶどう膜炎について
  • 眼瞼疾患について
  • ロービジョンについて
  • 眼圧、緑内障、視野検査について
  • 色覚異常について
  • 弱視、およびその治療
  • 硝子体注射について
  • 眼外傷について
  • 近視性牽引黄斑症
  • 網膜細動脈瘤破裂

ツカザキ病院眼科 疾患説明 網膜細動脈瘤破裂 ツカザキ病院眼科 疾患説明 網膜細動脈瘤破裂

網膜細動脈瘤破裂について

  • 田淵
    網膜細動脈瘤破裂について教えてください。
    園部
    近年は食生活、ライフスタイルの西洋化に伴い、高血圧、脂質異常症、糖尿病といった生活習慣病が増えています。それら慢性疾患を治療せずに放置していると眼に様々な症状が起こることがあります。今回紹介させていただく網膜細動脈瘤破裂がその一つです。
    網膜細動脈瘤破裂についてインタビュー
  • 田淵
    具体的にはどのような症状を自覚するのでしょうか。
  • 園部
    視力低下、歪み等がありますが、ひどい場合は突然見えなくなったり、中心に黒い塊ができたといった症状を自覚します。
  • 田淵
    どのような人に起こりやすいのでしょうか。
  • 園部
    60歳以上の高齢の女性に起こりやすいと言われています。特に高血圧、脂質異常症、糖尿病といった基礎疾患を持っておられる方が多いです。
  • 田淵
    症状が出たらどれくらいの期間で病院を受診するべきでしょうか。
  • 園部
    突然見えなくなったり、中心に黒い塊ができたら患者さんにとって不安なので、大多数の方は比較的早く来られます。中にはしばらくしてから来られる方もいらっしゃいますが、なるべく早期に受診される方がよいです。そうすることで治療の選択肢が増えます。
  • 網膜細動脈瘤破裂についてインタビュー
    田淵
    網膜細動脈瘤はどのように治療していくのでしょうか。
    園部
    先ほど述べたような症状がなければまずは経過観察していきます。自然退縮することが多いためです。しかし滲出物がある場合や、突然破裂してしまった場合は治療が必要となります。
  • 田淵
    具体的にはどのようなことをしていくのでしょうか。
  • 園部
    滲出物があり視機能に影響を及ぼしている場合は、レーザー治療や手術をすることがあります。
  • 網膜細動脈瘤破裂 イメージ
    網膜細動脈瘤破裂 イメージ
  • 田淵
    わかりました。破裂してしまった場合はどうするのでしょうか。
  • 園部
    その場合は出血の程度によりますが、手術が必要となることがあります。
  • 田淵
    出血はさまざまな箇所で起こり得ますよね。
  • 園部
    その通りです。硝子体出血、網膜前出血、網膜内出血、網膜下出血といって、様々な部位で起こります。これらに対しては硝子体手術といった眼の奥の治療で出血を除去します。また網膜下出血のような深い部位の出血ではガスやt-PAといった特殊な薬剤を眼の中に注入する操作を必要に応じて行います。
  • 網膜細動脈瘤破裂 イメージ
    網膜細動脈瘤破裂 イメージ
  • 田淵
    t-PAとは何でしょうか。
  • 園部
    t-PA(tissue-plasminogen activator:組織プラスミノゲン活性化因子)と呼ばれる物質で脳梗塞の治療に使われることがあります。血の塊である血栓を溶解する作用を有しています。
  • 田淵
    t-PA治療は一般的なのでしょうか。倫理委員会の許可などは必要ではないですか。
    園部
    t-PAは特殊な薬剤なので決して一般的なものではありません。血の塊を溶かす作用がありますが、逆にいうと出血しやすくなるので慎重に使う必要があります。当院では倫理委員会の承認を得た上で症例に合わせて使うようにしています。
    網膜細動脈瘤破裂についてインタビュー
  • 田淵
    ありがとうございました。治療が終わったらそれでよいのでしょうか。
  • 園部
    我々眼科医ができることはあくまで対処療法であります。せっかく出血が治ったのに活動性が高い状態であると再度出血してしまうこともあります。
  • 網膜細動脈瘤破裂 イメージ
    網膜細動脈瘤破裂 イメージ
  • 田淵
    自らの生活習慣改善が大事と言うことでしょうか。
  • 園部
    その通りです。高血圧、脂質異常症、糖尿病といった様々な生活習慣病にならないようにする予防医療(検診等)、またなってしまった場合の内科加療、生活習慣の改善も非常に重要です。
  • 田淵
    最後にツカザキ病院眼科における、この疾患に関わる専門医療体制を教えてください。
  • 園部
    今回、網膜細動脈瘤破裂に関して紹介させて頂きましたが、私だけがこの疾患を治療しているわけではありません。当院では多数の医師がおり必要であればその日に手術をできるような体制も整えております。何かお困りのことがあれば来院していただければよいと思います。
  • 田淵
    どうもありがとうございました。
網膜細動脈瘤破裂でお悩みの方は、どうぞお気軽に当科を受診下さい。
網膜細動脈瘤破裂でお悩みの方は、どうぞお気軽に当科を受診下さい。
網膜細動脈瘤破裂でお悩みの方は、
どうぞお気軽に当科を受診下さい。
交通のご案内
アクセスマップ
診察を希望される方へ 診察を希望される方へ
散瞳検査(車の運転はできません)が必須です。
可能であれば午前中の受診をお勧めします。
診療の専門性が高いため、時間には余裕を持ってご来院ください。
セカンドオピニオンにも対応致します。
■お車でお越しの場合
太子龍野バイパス福田ランプより南へ約15分
眼の現代病特集
疾患説明ページ一覧
地域の先生方へ(紹介手順)