ページトップへ

当院へのアクセス 079-272-8555
三栄会のご紹介
文字サイズ
検索
079-272-8555
アクセス
眼 科

あらゆる眼の病気の方に寄り添うパートナーであれるよう
私たちは努力を続けています。

Top > 診療のご案内 > 眼科 > 網膜分離症(近視性牽引黄斑症)
人工知能チーム Deep Oculus 人工知能チーム Deep Oculus
  • 緑内障について
  • 日帰り緑内障手術について
  • 網膜前膜について
  • 流涙について
  • 加齢黄斑変性について
  • 多焦点眼内レンズと乱視用眼内レンズ
  • 網膜血管閉塞疾患について
  • 円錐角膜について
  • 糖尿病網膜症について
  • 強度近視眼底
  • 網膜色素変性症について
  • 飛蚊症と網膜剥離
  • 角膜疾患
  • 斜視について
  • ドライアイについて
  • 黄斑円孔について
  • ぶどう膜炎について
  • 眼瞼疾患について
  • ロービジョンについて
  • 眼圧、緑内障、視野検査について
  • 色覚異常について
  • 弱視、およびその治療
  • 硝子体注射について
  • 眼外傷について
  • 近視性牽引黄斑症
  • 網膜細動脈瘤破裂

ツカザキ病院眼科 疾患説明 近視性牽引黄斑症 網膜分離症 ツカザキ病院眼科 疾患説明 近視性牽引黄斑症 網膜分離症

はじめに

網膜分離症(近視性牽引黄斑症)とは? 網膜分離症(近視性牽引黄斑症)とは?

カメラのフィルムでは、真ん中で写ってもスミの方で写ってもそれほど写りに差はありませんが、網膜では中心が最も高感度になっていて、スミの方はそれほど感度が高くありません。
網膜の中心付近を黄斑といい、文字を読んだり、細かいものを認識したりするのに大切な役割をしています。黄斑が障害されるとゆがみ(変視)や、光を感じない部分(暗点)を自覚するようになり視力が低下します。

強度近視眼では眼球の後部が後方へプクっとふくれたような異常な形をしていることが多く、また、網膜の前面に膜が張り付いて網膜を前方へひっぱることがあります。
そのため、網膜に負担がかかり網膜が前後に裂けて(分離して)しまうことがあり、これを網膜分離といいます。
網膜分離がさらに進行すると網膜が奥の組織から剥がれて(剥離して)黄斑剥離という状態になります。網膜の中心部はうすくなっていて弱いので、ここにあな(孔)があいてしまうと黄斑円孔網膜剥離と呼ばれる治癒が困難な状態になります。
これらの状態をまとめて網膜分離症(近視性牽引黄斑症)といいます。
  • 正常眼
    正常眼
  • 正常強度近視
    正常強度近視
  • 網膜分離
    網膜分離
  • 黄斑剥離
    黄斑剥離
  • 黄斑円孔網膜剥離
    黄斑円孔網膜剥離

網膜分離症(近視性牽引黄斑症)の症状は?

細かいものや文字を見たときにゆがんで見えることが多いです。通常は進行がゆっくりなため気付かないうちに進行し、眼科に行って初めて指摘されることもあります。ただ、状況によっては数週間で進行することもあります。

網膜分離症(近視性牽引黄斑症)を放っておくとどうなるの? 網膜分離症(近視性牽引黄斑症)を放っておくとどうなるの?

視野の中央が非常にみにくくなりますし、細かい作業や字を読むことは難しくなっていきます。黄斑円孔網膜剥離になると視力が極端に下がり閉鎖は困難になってしまいます。網膜剥離がひろがると、ほとんど失明に近い状態になります。進行速度は個人差があります。

網膜分離症(近視性牽引黄斑症)の治療法は?

治療は手術しかありません。硝子体手術により眼球の内側から治療します。
すでに黄斑円孔網膜剥離まで進行している場合や、手術中に黄斑円孔といって網膜の中心部に孔が生じた(あるいは生じたことが否定できない)場合などは、術後に一定期間(3日から、 場合によっては1か月)うつ伏せ姿勢が必要になります。
この手術で改善が得られない場合は、眼球の形状を外側から変化させる手術(黄斑プロンベ設置術や強膜短縮術)を追加することがありますが、これらの手術では術後にゆがみが悪化したり、物が二重に見えたりすることがあります。

網膜分離症(近視性牽引黄斑症)の手術は、いつ受けると良いですか?

手術後に視力が低下することもありますので、初期の網膜分離症の状態で、視力低下やゆがみなどの自覚症状がまったくない場合は積極的に手術を勧めることはありません。視力低下やゆがみなどを自覚されるようになると手術をお勧めします。黄斑剥離まで進行している場合は、視力低下やゆがみを自覚されることがほとんどですし、放置していると難治の黄斑円孔網膜剥離になってしまうことから手術を強くお勧めします。黄斑円孔網膜剥離にまで進行している場合は、放置により剥離がひろがり失明してしまいますので手術をしなければなりません。しかし、残念ながら視力改善は得られないことが多いです。

手術の流れは?

硝子体手術を行います。また、50歳以上の方に硝子体手術を行うと白内障が進む可能性が高いため、原則として眼内レンズを入れる白内障手術を同時に行います。
この手術で網膜の前面に張り付いた膜を除去し、さらに網膜の最表層の内境界膜という膜を剥離することで網膜を伸びやすくします。これにより黄斑円孔網膜剥離への進行を予防すること、網膜がもとの状態に近づくことを期待します。手術は局所麻酔で30分から60分程度ですが、黄斑円孔網膜剥離にまで進行していますともっと時間がかかることもあります。また手術準備や後片付けに30分程度かかります。
網膜の前面の膜や内境界膜を安全に剥離するためにブリリアントブルーGなど特殊な補助薬剤を使用することがあります。これは国内未承認ですが多くの眼科で手術時に利用されており、また、病院の倫理委員会でも利用の承認を得ております。眼内に空気やガスを入れて手術を終了することがあり、その場合は術直後から下むき姿勢が必要になります。

網膜分離症(近視性牽引黄斑症)手術の限界・注意点は?

眼球の壁がうすくなり、網膜や網膜に栄養を与えている脈絡膜と呼ばれる組織が完全に障害され、網脈絡膜萎縮と呼ばれる状態になっていると治療できないことがあります。手術を受けたとしても分離症や剥離はすぐに改善するわけではなく、ゆっくり時間をかけて改善します。1年以上かかることもあります。血管は手術で切ることができないのでその部分の分離は残ることもあります。ただし、分離症が改善したからといって視力が改善するとはかぎりません。

  • 網膜分離

  • 網膜分離手術後
黄斑円孔網膜剥離にまで進行している場合、網膜剥離の治癒率は約90%、黄斑円孔の閉鎖率は約70%程度で、あまり治癒率が高いといえません。懸命の治療(再々の手術やうつ伏せ姿勢)によっても治癒しないことがあります。
黄斑円孔網膜剥離へ進行するのを防ぐための手術ではありますが、中心部と膜との癒着が強いために手術中に黄斑円孔が生じることや、問題なく終了しても術後に黄斑円孔が生じることがあります(5%程度)。術後に黄斑円孔が生じた場合は再手術が必要になります。

視力は回復するの? 視力は回復するの?

手術を受けられた方全員の視力が回復するわけではありません。回復の早い人なら手術後1週間で視力改善が体感できますが、通常は視力が改善するのに数ヶ月程度かかります。最終的に視力が上がるのは60-70%前後、20-30%前後の方が変化なしで、5%程度の方は手術がうまくいったにもかかわらず視力が下がってしまいます。このように視力が上がることは多いですが、まったく正常にまで回復することはまれで、多くの場合視力の障害や暗点は残ります。また近視による目の弱り(萎縮)の程度によって回復は異なります。


網膜分離症(近視性牽引黄斑症)は手術により進行を抑え網膜を元の状態に近づける手術です。しかし元通りにはなりませんし視力が悪化することもあります。手術の限界・欠点やリスクをよく理解し、よく納得してから手術を受けるようにして下さい。
網膜分離症(近視性牽引黄斑症)でお悩みの方は、どうぞお気軽に当科を受診下さい。
網膜分離症(近視性牽引黄斑症)でお悩みの方は、どうぞお気軽に当科を受診下さい。
網膜分離症(近視性牽引黄斑症)でお悩みの方は、
どうぞお気軽に当科を受診下さい。

交通のご案内

アクセスマップ

診察を希望される方へ 診察を希望される方へ

散瞳検査(車の運転はできません)が必須です。
可能であれば午前中の受診をお勧めします。
診療の専門性が高いため、時間には余裕を持ってご来院ください。
セカンドオピニオンにも対応致します。
■お車でお越しの場合
太子龍野バイパス福田ランプより南へ約15分
眼の現代病特集
疾患説明ページ一覧
地域の先生方へ(紹介手順)