ページトップへ

当院へのアクセス 079-272-8555
三栄会のご紹介
文字サイズ
検索
079-272-8555
アクセス

呼吸器内科

肺炎や肺癌を始め、すべての呼吸器疾患に対する診療を行っております

Top > 診療のご案内 > 呼吸器内科 > 主な疾患

主な疾患

感染症
一般的な細菌性肺炎はもちろん、肺結核や非結核性抗酸菌症などの抗酸菌感染症、また、アスペルギルスなどの真菌感染症を含めて、様々な感染症を適切に診断し、各種抗菌治療を行っております。感染症においては、喀痰検査を始め、各種検体による診断、評価を行うことが重要ですが、当院では臨床検査科のレベルも高く、診断から治療まで適切な診療を行うことが可能です。
また、重症肺炎などにより、呼吸状態の重篤化を認めるケースには、人工呼吸器管理を行うことも考慮されますが、当院では、従来の気管内挿管による人工呼吸器管理から、非侵襲的陽圧換気療法(NPPV)やネーザルハイフローによる呼吸管理、さらには、体外式膜型人工肺(ECMO)の使用も可能です。
肺癌
当院では、呼吸器外科と連携して、手術などを行う早期症例から、進行肺癌に対する化学療法まで幅広く対応しております。特に、肺癌の化学療法については、従来の細胞障害性抗癌剤に加え、分子標的薬や免疫チェックポイント阻害剤などが次々と登場し、極めて進歩の早い領域となっております。そのような状況でも、当院では、常に最新のエビデンスやガイドラインに基づいて、適切な診断と治療を行っております。
間質性肺炎
間質性肺炎には、原因が特定されない特発性間質性肺炎を始め、様々な原因により生じる病態があります。また、近年では、特発性肺線維症や全身性強皮症に伴う間質性肺炎など、抗線維化薬などによる薬物療法が適応となる疾患もあり、進歩も認めている領域でもあります。当院では、それら各種間質性肺炎の診断や評価を適切に行い、最新の治療や管理を行っております。
慢性閉塞性肺疾患(COPD)
COPDでは、喫煙などにより呼吸機能が低下したり、咳嗽や喀痰、呼吸苦などの症状を認めることが多いのですが、それらの症状の改善のため、気管支拡張薬などの吸入薬の処方や、リハビリテーションの導入などを行っております。さらに病状を適切に評価し、必要に応じて在宅酸素療法(HOT)や汎用人工呼吸器の導入や管理など、慢性呼吸不全への対応も行っております。
気管支喘息
当院では、気管支喘息の診断や評価のため、呼吸機能検査に加え、呼気一酸化窒素濃度の測定を行うことも可能です。また、治療として、吸入ステロイドや気管支拡張薬などの吸入薬による薬物治療に加え、重症度に応じて生物学的製剤による治療まで、幅広く治療を行っております。
胸膜疾患
自然気胸や、あるいは肺癌や感染症などによる胸水貯留を認めた場合、必要に応じて胸腔穿刺や胸腔ドレナージを行います。また、胸水貯留の場合には、各種精査を行うことにより、原因疾患を特定し、適切な治療も行っております。
睡眠時無呼吸症候群(SAS)
SASは、睡眠中に呼吸が浅くなったり、呼吸が止まったりすることを繰り返すことにより、低酸素状態をきたす疾患です。SASにより日中の眠気や起床時の全身倦怠感を自覚し、さらには、糖尿病や高血圧症、脳血管疾患などの合併症が増加する可能性が指摘されています。当院では、SASの診断のための、簡易検査や精密検査(ポリソムノグラフィ)を行い、検査結果により持続陽圧呼吸療法(CPAP)の導入や管理を行うことも可能です。
診療科一覧
地域の先生方へ(紹介手順)