ページトップへ

当院へのアクセス 079-272-8555
三栄会のご紹介
文字サイズ
検索
079-272-8555
アクセス
1日25時間働く循環器内科部長BLOG
Top > 1日25時間働く循環器内科部長BLOG > メリークリスマス・良い年を

アーカイブ

  1. 2018
  2. 2017
2017.12.28

メリークリスマス・良い年を

こんにちは。北日本では大雪だそうですね。網干では全く雪は降っておらず、ニュースで見ている雪の状況、想像がつきません。雪って大変なんですよね。
実は私、祖母の実家が岡山の蒜山なので、雪には強く、スキー・ボードはお手の物・・・、ではなく、夏休みしか行けずウィンタースポーツはからっきしダメです。蒜山、帰りたいですね。夏のヒグラシの声を思い出します。

さて季節外れの書き出しとなりましたが、今年ももうすぐ終わりです。ふと1年間の事を思い出していると色々な事がありました。仕事でも色々なチャンスを頂いて挑戦した事もありますし、満足すること、忸怩たる思いをしたことを思い出します。まだまだ私も術者としては駆け出し、未熟者。来年も厳しく研鑽を積まなければいけません。
当院の予定手術も一応終了ですが、記憶に残る大きな事故はなく終わろうとしています。勿論、先のブログで書きましたようにこの商売、100点は取れない商売です。それでも来年も謙虚に実直に皆さんに(患者さん・御家族だけでなく、職員にも)満足してもらえるような仕事をしたいと思います。

で、年末と言えば忘年会。先日、ヨーロッパ留学から帰ってきた先生と大阪で飲んできました。久しぶりにキタを歩いてきましたが、クリスマスの装飾が綺麗ですよね。姫路駅前から見る姫路城も好きですが、キタの街並みをきょろきょろ見ながら歩いておりました。

 

19時待ち合わせしていたのですが、先生の緊急手術で開始は20時過ぎ。不思議な事に、忘年会・送別会の日は緊急手術で予定がおかしくなる、この業界のジンクスは今回も破られませんでした。独りで待っているとお店の方が色々気をかけてくれました。
クリスマス近かったし、ドラマみたいに女性を待ち続けているのに女性は来てくれない可哀想な男子(おじちゃん?!)って思われていたのでしょうか。

 店員さん「・・・何か先に注文されますか?」
 楠山「いえ、待ってます・・・。」(大阪の夜景を見ながら、更に時々メールチェック)

おー、そのままやないか!周りでは「あ、お待たせ」「ごめーん、待った?」とか飛び交ってたし、めっちゃハマってる!

だいたい、送別会の場合は送別される先生が手術してるなど、ホントに世間の皮肉を感じます。これもカテ神様の仕業でしょうか。その手術は超特急で済ませて成功に終わったそうです。

後は12月と言えば、年賀状書き。年賀状も少なくなってきているとのことですが、私は大事にしています。特になかなか会えない人との年賀状は大切です。年賀状は基本的には表は手書き、裏は一文の書くのですが、その時はその人の事を思い出します。高校時代なら高校生活のこと、大学時代はオーケストラやバイトのこと、医師になってからは体育会系クラブのような研修医時代のこと。

思い出すと楽しい思い出しか出てこないんですよね。師走だけに気忙しいのですが昔を思い出す時間、立ち止まる時間は私にとっては大切な時間です。

実は今日、朝のメールチェックを行ったときに懐かしい人からメールをもらいました。研修医1年目始まりの時に一緒に大学のCCU(冠疾患集中治療部)で研修をした同期です。一緒にルートで苦労したり、血液ガス(動脈採血)で失敗して代わってもらったり、心電図診断で先輩に一緒に叱られたりした仲間です。実は1年目は2人しかいなくて、夜遅くに病棟で検査のシール貼り(電子カルテではないので検査結果をカルテに張る作業、当然研修医の仕事です)をしながら、ぼやいたり、あと飲み会で大騒ぎしたり。
この年では繰り返したくはないですが、楽しかった思い出です。

大学院卒業以降は会うこともなく年賀状のやりとりだけだったのですが、このブログを見てくれてメールをくれたんです!びっくりすると同時に、1年目にタイムスリップしたような気がしました。数分ボーッとしてしまいました。どことなく温かい気持ちになれますよね。

その同期、ちょっぴり私のこと誉めてくれたんです(誉め殺しちゃうよな)。嬉しかった。
むらっちゃん、ブログ見てくれてるか?これからもお互い頑張ろうな。僕は姫路で頑張るわ。で、今度は天王寺の若い飲み会ではなく、「大人の飲み会」しような。

ちょっと私信が入ってしまいましたね。ブログなので御容赦を。皆さんも年賀状などのイベントで懐かしい、温かい想いがあれば良いですね。

今年ももう終わりです。どうぞ皆さん、良い年をお迎えください。来年も皆さんにとって実り多き年となりますように。

地域の先生方へ(紹介手順)