ページトップへ

当院へのアクセス 079-272-8555
三栄会のご紹介
文字サイズ
検索
079-272-8555
アクセス
泌尿器科

泌尿器に関する診察・検査・治療を行っています

Top > 診療のご案内 > 泌尿器科

診療内容

当院の泌尿器科では、尿路・精路を中心に後腹膜腔の臓器に生じた疾患へのアプローチを行っており、その診療分野は多岐に渡ります。腎結石・尿管結石・膀胱結石といった尿路結石、前立腺肥大症をはじめとする排尿障害、腎がん・腎盂がん・前立腺がん・膀胱がんをはじめとする泌尿器科悪性腫瘍、副腎腫瘍などの良性腫瘍、さらには男性性機能・男性不妊症・性同一性障害といったアンドロロジーに対しても、診察・検査・治療を行っています。
生活習慣の変化と人口高齢化に伴い、泌尿器科が担うべき役割は年々大きくなっており、より高い専門性が求められています。それに応えるべく、常に新しい医療技術と医療機器をもって患者さんへの治療に従事しております。
特に尿路結石については、平成27年5月に体外衝撃波結石破砕装置(ESWL)を導入し、平成27年は98件の体外衝撃波結石破砕術を施行しております。
ESWLは、尿管あるいは腎臓の中の結石に対して、体の外から衝撃波を当てることで結石を細かく砕き、排石を促す治療です。細かく砕いた結石は尿とともに排出されるので、多くの場合は外来手術で対応でき、より患者さんへの負担が少ない低侵襲治療を行うことが出来ます。
平成28年にはレーザーを用いた内視鏡手術(経尿道的腎尿管結石砕石術、TUL)を導入し、これまでESWLでは難しかった結石に対する治療も可能となりました。入院期間も1週間以内ですむことが多く、比較的短期間でより治療効果の高い方法を選択いただけるようになりました。
多くの男性が罹患する前立腺肥大症に対しては、内服薬での治療が難しい場合は代表的な内視鏡的治療法である経尿道的切除術を行っております。当院では生理食塩水を用いて手術が可能な機器(TURisシステム)を導入し、患者さんへより安全な治療を行っております。
前立腺がんは近年増加率が高いがんで、男性がんの中で患者数は第1位です。診断には前立腺針生検が必須です。当院ではその臨床実績を多く有し、迅速かつ的確な診断を行っています。治療に関しては根治療法として前立腺全摘除術、内分泌療法として精巣摘出術をはじめとした各種抗癌治療を行っております。
当院では腹腔鏡下手術を導入しております。副腎腫瘍・腎がん・腎盂がん・尿管がんなどに対しては腹腔鏡下手術を第一選択とし、患者さんによりレベルの高い治療・より侵襲の低い治療の提供を目指しております。
尿が出にくい・勢いが弱い、残尿感がある、トイレに何度も行く、もしくは血尿が出るなどの症状でお困りの方は、ぜひ一度診察にお越しください。
当院の治療方針としましては、ガイドラインに沿った標準的治療を第一に考えております。
高度な治療を行うのは当然のことですが、最終的な目的はあくまでも患者さん本位の治療を行うことです。
患者さん不在の治療とならぬように、じっくりとコミュニケーションをとりながら、柔軟に患者さんひとり一人にベストな治療法を提供することを目指し、全スタッフ一丸となって尽力して参りたいと存じます。

診療時間・担当医表

診療時間及び担当医表は、外来担当医表をご覧ください。
診療科一覧
地域の先生方へ(紹介手順)