理想の医療を目指す臨床研修医、専攻医、中途医師へ

社会医療法人三栄会 ツカザキ病院 医師採用サイト社会医療法人三栄会 ツカザキ病院 医師採用サイト
079-272-8555
お問い合わせ

臨床研修医(初期研修医)募集

Top > 臨床研修医(初期研修医) > 2020年度 臨床研修医インタビュー

先輩からのメッセージ

2020年度
臨床研修医インタビュー

臨床研修医1年目 首藤 太志

・1年を振り返ってどうだったか。

とても満足しています。前半は内科系、後半は外科系をローテートしました。私自身、外科系を志望しており、第一助手として手術も多数経験でき非常に満足しています。手技については期待以上に経験できました。
もちろん市中病院ならではのコモンディジーズもしっかり診ることができました。
また、指導医や上級医からは「患者様に敬意をもって接することが最も大切である」ことを学びました。

・姫路の生活について

研修医マンションは姫路駅から徒歩圏内であり、日常の買い物や必需品等についても近くにあるため何も困ることはなく、とても住みやすい街でした。私自身、大阪で育ってきたので、人混みが少ないことも魅力の一つでした。

・ツカザキ病院を選んでよかったこと

手技とアカデミックを学びたく、たすき掛けコースを選択しました。(1年目は市中病院で手技を学び、2年目は大学に戻りアカデミックを学べるため。)
1年目でツカザキ病院を希望した理由は、①手技を多く学べることに魅力を感じたこと②見学した際に雰囲気が良かったこと③右肩上がりの病院であること④都会から離れたいこと
などがあります。
この1年間を振り返り、手技を多数経験することができ身についたと思います。

・救急について

当院はER型ではなく、各診療科がメインとして稼働しています。
学生の時は「救急=ER型」のイメージがありましたが、各診療科で対応する方がその科の視点でしっかり診れるため専門的な技術が身につくと思います。

・当直について

ローテートしている診療科の指導医や上級医と一緒に当直に入るため、不安は一切ありませんでした。むしろ、ある程度慣れてくると診察・オーダー等、積極的に動けるようになっていたのでとても勉強になりました。

・指導医、上級医・コメディカルの印象

指導医や上級医はどんな質問に対しても優しく教えてくださるし、他科の先生でもわからないことがあればすぐに相談に行けるぐらい距離が近いです。非常にありがたいです。
コメディカルについては、垣根が低くわからないことがすぐに教えてくださりました。
また、当院は研修医を大切にしてくださるため、研修しやすい環境です。

・看護師合同シミュレーションについて

BLSやACLSなど急変時対応など医師や看護師が共通ルールとして知っておかないといけないことをチームとして学べたことは非常に良かったです。

・今後の目標

2年目・3年目・4年目以降の先輩方の活躍を間近で拝見し、追いつけるよう頑張っていきたいです。
ツカザキ病院では1年間お世話になったため、ツカザキ出身の広告塔として今後活躍し、ツカザキ病院をブランド病院にしたいと思っております。
手技の技術も高め、世界も視野に入れてできるだけ上を目指したいと考えております。

・後輩たちへのメッセージ

今後増床していく予定(241床→400床)で常に右肩上がりの病院ですので、とても雰囲気も良く研修しやすい環境です。
特にDutyが少ないため、積極性があり向上心のある方はぜひお越しください。
ぜひ一度見学にお越しください。
臨床研修医1年目 髙川 正成

・1年を振り返ってどうだったか。

様々な診療科をローテートしてきましたが、やりたいことを積極的に応援していただき勉強もできましたので、とても身のある研修になっています。
残りの研修期間も悔いの残らないよう充実させていきたいと考えています。

・学生の時に思っていた医者像との違いは。

学生の時は医者の仕事がわかりませんでしたが、働いてみると「患者様が一番ためになることを考えて仕事しないといけない」ため、社会的な責任を感じこれが医者の仕事だと思いました。

・姫路の生活について

「都会過ぎず田舎過ぎず」が自分の雰囲気に合っていると思っています。
姫路は再開発され快適になっておりとても住みやすいです。
マンションはとても広くきれいですし、姫路駅から徒歩圏内と近く友人と会う時も非常に便利です。
近くにショッピングセンターもあり日常生活は便利に過ごせますし、神戸も電車で30分の距離ですのでとても快適です。

・ツカザキ病院を選んだ理由

重視していたことは雰囲気が自分に合うかでした。
ツカザキ病院を見学した際に上級医や研修医と話をさせていただいた際に自分に合うと感じ、ここで働きたいと思いました。実際働いてみても同じ印象でとても働きやすいです。
また脳神経外科を志望していますが、ツカザキ病院は脳神経外科が強い病院のため、症例数も多く医師も多いため、とても魅力的であったことも選んだ理由の一つである。

・救急科について

ER型・診療科型はそれぞれメリットがあります。
ER型のメリットは満遍なくファーストタッチができ、各診療科に振り分ける能力が身につきます。
各科で対応することのメリットは専門的な考え方が身につくことです。
また実際にその患者様が入院すると継続的に診ることができるためとても勉強になり、各科で対応する方が自分には合っていると感じました。

・指導医、上級医・コメディカルの印象

指導医や上級医は仕事熱心、親切、教育にも力を入れてくださる方ばかりで、分からないことがあれば教えていただけます。
事前に準備をしてアピールすれば積極的に任せてもらえるなど主体的に動くことでとても充実した研修が送れます。
また、コメディカル・看護師もとても親切でアドバイスをいただけますし、分業体制が整っており医師業に専念させていただけるため、病院全体で研修医を育てていただいている雰囲気を感じます。

・今後の目標

脳神経外科に進みたいと思っています。ツカザキでは2年目のプログラムは9か月の自由選択期間があるため、脳神経外科医として必要な診療科をローテートしつつ、自分の専門性を高めていきたいです。また医者の仕事にも慣れていきたいです。

・後輩たちへのメッセージ

研修先の病院選びは迷うと思いますが、「どれだけ成長できるかは自分がどれだけ努力できるかが大事」ということです。
どの病院に行っても自分でしたいことを決めて積極的に学ぶ姿勢が大切です。
ツカザキ病院は環境が整っているため、意識が高い方はぜひツカザキ病院で研修をしてください。
お待ちしています。