理想の医療を目指す臨床研修医、専攻医、中途医師へ

社会医療法人三栄会 ツカザキ病院 医師採用サイト社会医療法人三栄会 ツカザキ病院 医師採用サイト
079-272-8555
お問い合わせ

臨床研修医(初期研修医)募集

Top > 臨床研修医(初期研修医) > 2018年度 臨床研修医インタビュー
先輩からのメッセージ
2019.07.22
臨床研修医
循環器内科部長ブログ更新しました!
2019.07.18
臨床研修医
脳神経外科ブログ更新しました!
2019.07.09
臨床研修医
循環器内科部長ブログ更新しました!
 

先輩からのメッセージ

2018年度
臨床研修医インタビュー

臨床研修医たすき掛け1年目 丹田 秀樹

・この1年を振り返って。

ローテートが進むにつれてなじみのスタッフさんが増え、仕事がやりやすくなっていきました。どの職種の方も研修医に対して積極的に教え育てよう!という雰囲気があり、研修がスムーズに行える環境でした。

・姫路での生活はいかがですか。

大阪出身で、都会の喧騒で育ってきましたので、少し寂しい感じは否めません。ですが、姫路駅付近のショッピングセンター等が集中しているところに研修医宿舎があり、便利で住みやすいと思います。

・臨床研修病院先としてツカザキ病院を選んだ理由は?

2点あります。1点目は働く環境や雰囲気が良く、教育制度が整っているところ。2点目は全身を勉強できる病院であることです。 実は2年前のツカザキ病院研修医であった西山先生が部活の先輩で…。その先生とお話した際、スタッフさんとの壁がほとんど無く、相談しやすい環境であるということを聞きました。5回生の脳外実習で実際にツカザキ病院に来たのですが、病院の雰囲気の良さを感じました。それが決め手だったと思います。

・ツカザキ病院を選んでよかったこと。

研修医の業務内容がフレキシブルであったことです。別の診療科で研修していても、興味のある診療科の手術を見たいということであれば見学させて頂ける柔軟さ、365日あらゆる診療科を学ぶことができる環境が良かったです。 同期や2年目の研修医の先生たちが意識の高い方達で、良い意味での刺激が強く、恵まれた研修環境だと感じています。

・指導医や他のスタッフについての印象

指導医の先生は皆さん優しく、理不尽なことを要求されることはなかったです。 スタッフの方々によるサポート体制が充実しており、医師の仕事に専念できています。

・今後の目標

現時点でやりたい診療科は明確に決まっていませんが、全身を診られるようになりたいです。 患者さんの急変時にもうろたえることなくバイタルを落ち着かせ、専門の医師に紹介するところまでは出来るようになりたいです。また様々な手技が出来るようになりたいので、多くの疾患が集まる診療科を目指すと思います。

・後輩たちへのメッセージ

研修医の時期を充実させるのは自分次第だと思うので、やる気がある人は、あらゆる診療科を学ぶことができる環境に行ったほうが良いと思います。ただ、症例数だけでなく、一例一例を大切にすることが最も大切だと思います。

・丹田先生にとって医師とは。

治すというより、患者さんの今後の人生を踏まえ寄り添っていくことが大切な職業であると思います。 例えば、循環器内科でカテーテル治療をして病態が良くなったとしても、根本からの改善のためには、生活習慣から見直さないといけないですよね。いかに寄り添っていけるかを大切にしたいと思います。
臨床研修医1年目 竹下 雅浩

・この1年を振り返って。

最初は何もわからない状態で看護師さんに指示を出す際も間違っていないかなと、不安になる時も多々ありました。しかし日々の経験の積み重ねと、自分なりに勉強をしたことで、3ヶ月目くらいには何をしたら良いのかが分かってきて、指導医・上級医から指示される前に動けるようになりました。

・姫路での生活はいかがですか。

宿舎が姫路駅徒歩圏内ということで近くに何でもあり、買い物にも困りませんね。食事も問題ありません。 大変住みやすく、充実した研修生活を送っています。

・臨床研修病院先としてツカザキ病院を選んだ理由は?

高知出身で、もともと近畿圏を検討しており、中でもアクセスの良い兵庫県に絞りました。ツカザキ病院を選んだ理由は2点、「手技をやらせてくれるところ」と、「スタッフとの垣根が低いところ」です。 研修では期待通り、指導医のしっかりとしたサポート下で、様々な手技を経験出来ました。研修医は見学のみの病院が多いと聞くが、カテーテル治療も参加させていただき、さらには冠動脈造影まで経験することができました。 今後は消化器内科に進みたいと思っているため、2年目は下部内視鏡も経験したいと思っています。

・ツカザキ病院を選んでよかったこと。

自分にとって一番の魅力は手技経験が多いことです。手技は経験すればするほど、実際に手が動くようになることが実感でき、こうした達成感によりモチベーションが上がります。 また救急初期対応にも興味がありましたので、ここでの研修は非常に充実していると感じています。

・指導医や他のスタッフについての印象

間違った時にじっくり考えさせてもらえる風土があり、しっかり消化して自分の学びに結び付きやすいです。 スタッフの方々は皆さん優しく、相談もしやすい。またしっかり分業ができているので、医師としての仕事に専念でき、非常に学びやすい環境だと感じます。

・今後の目標

内科専門医を取得し、サブスぺとして消化器内科領域に進むことを目標としています。 3年目以降は自身が主治医となるため、指導医の指示待ちとはいきません。2年次は「指導医の指示がなくとも診療できるよう、治療計画から退院までのプランを立てられる」ことを目標とします。指導医から怒られることもありますが、様々な知識、考え方をじっくり教えて頂ける貴重な時間です。しっかりとした目的意識を持って、残りの研修期間を過ごさなければと思います。

・後輩たちへのメッセージ

3年目以降(主治医)のことも考えながら、指導医がいない状況でも一人で対応できるよう、研修中も意識していくことが大切です。 研修病院選びのアドバイスですが、新専門医制度下では3年目以降は大学病院等に戻ることが多くなるため、臨床研修中は手技を中心に研修できる病院の方が良いと思います。

・医師を目指してよかったこと。

親戚に医師が多く、もともと医師には興味があり、人を助ける医療行為に興味をもっていました。自分の興味のあることが患者さんのためになり、さらに感謝されるなんて天職だと思います。
臨床研修医2年目 土井 正太郎

・2年間の研修を振り返って

この2年間、おそらく他の病院では考えられないぐらい、研修医である自分に任せてもらえたと思います。 ツカザキ病院はやる気があれば様々な経験ができる環境が整っていましたが、やはり自分自身が準備をしっかりして、指導医に「土井にやらせてもいい」という印象を持ってもらえたことが良かったのだと思います。 現在は来年度以降専攻することが決まっている「心臓血管外科での6ヶ月の研修中」で、先立って後期研修をしているような状態です。この2年間、かなり充実したものとなりました。

・ツカザキ病院を選んでよかったこと

外科志望ですので、やはり手技経験をしっかりと積めたこと。消化器外科および心臓血管外科で合計10ヶ月間の研修を行い、全身麻酔症例/局所麻酔症例とも、多数の執刀を経験させていただけました。とても濃い研修だったと思います。また研修医が経験したい①CV(中心静脈カテーテル)②胸腔ドレナージ③Aライン(動脈ライン)④気管挿管も数多く経験出来ました。 また手術を含めたどの手技についても指導医のサポートがしっかりしており、安心でした。 ツカザキ病院はメディカルスタッフの分業体制が整っており、医者は医者の仕事だけに集中することができます。また各種サポートが充実し、医師を大切にして頂ける病院であったため、ストレスフリーで研修医生活を送れました。ツカザキ病院の職場環境はかなり良かったです。

・今後の目標(3年目以降の後期研修に向けて)

3年目から念願の主治医になります。この二年間、主治医になることを見越して一人でしっかりできるよう、意識して取り組んできました。 また何事においてもアンテナを広げながら行動していたため、緊急コールが鳴った際にも、すぐに患者さんのもとに駆けつけることができ、急変時対応も多く経験できました。このような実経験こそが自分の力となり、今後に生かされていくものと考えています。 「ツカザキ病院研修医」としての目標は、「ツカザキ病院出身であることを、他院の医師に誇れるようになること」でしょうか。第1期生の基幹型研修医だからこそ見本にならなければと思い、模範生となれるよう努めてきました。ツカザキ病院がブランド病院になれるよう、後輩の研修医達も続いて欲しいです。

・後輩にむけてのアドバイス

臨床研修の2年間は重要です。自分に合った病院を慎重に選択してください。選んだ病院によって方向性も変わってしまうと思います。自分自身も指導医の先生に影響され、3年目以降の進む道を決めました。 進む道が決まれば、自ずとやるべきことが決まります。より時間を有効に使うためにも、自分の進みたい診療科は早く決めて、それに向けて準備をするほうがよいと思います。 やる気のある方には、ツカザキ病院はお勧めですよ。気になる症例があれば、その時のローテート科とは違う診療科の先生でも快く迎え入れてくださいます。手技を経験させていただくこともありました。 研修を良いものにするかは自分次第です。 例えば外科系の研修の際、自分が手技をする準備ができているという事を指導医の先生に認めてもらえれば、きっとやらせてくれるはずです。与えられることを待つのみではなく、自ら積極的に準備を行い、それをアピールすることも大事なことだと考えます。経験する症例一例一例を大事にすることも大切です。 研修は2年間しかありません。積極的にかかわることで様々な経験をし、自分の糧としてください。