姫路市の総合病院「ツカザキ病院」|看護師採用サイト

【既卒の方用】応募申込フォーム 【既卒の方用】応募申込フォーム
【新卒の方用】応募申込フォーム 【新卒の方用】応募申込フォーム
079-272-8555
お申込
Top > 看護師ブログ > 日常のひとこま > 第240話 日常のひとこま51「コロナに勝つためには・・・」

看護ブログ

2021年3月27日
カテゴリ: 日常のひとこま

第240話 日常のひとこま51「コロナに勝つためには・・・」

~師長・副師長・主任Nsが 日々あふれている「日常ひとこま」を不定期につぶやき、発信するページです~

皆さんこんにちは、今回のブログを担当させていただきます、HCU主任の宮田です。
前回のブログでは、オリンピックイヤーであったため、柔道に関してのお話をさせていただきました。しかしコロナが蔓延し、オリンピックどころか小学生~大学生・実業団の試合もすべて中止となり、残念な年となってしまいました。
今年はオリンピックを行う予定ではありますが、どうなるかわかりません。海外の応援も入場できないなどの制限がかかるそうですので、どのような形のオリンピックになるのか想像もつきませんね。

海外に続き、日本でもコロナワクチンの接種が始まりました。私もすでに、一回目のワクチンを接種しました。

看護ブログ「第235話 ワクチン接種が始まりました!」もご覧ください。

 

色々なニュースを観ていると、今後の生活はどのような様式になるのだろうと不安が出てきます。しかし、不安を抱いているだけでは前進できないため、コロナに勝つためにはどうしたらいいのかを考察してみました。

 

コロナに勝つためには

 

 

まず、現在も皆さんが行われている手洗い・うがい・マスク着用・ソーシャルディスタンスは必須事項だと考えます。そして、ワクチンの接種も必ず必要だと考えます。

世論調査では、「副反応が怖くて打たない」「自分はかからない、かかってもひどくならない」との意見が多く見られました。ワクチンの副反応はその時だけであり、かからない・うつさないが広がることで、ウイルスの弱毒化や衰退に希望が持てるのではないかと考えます。
「自分はかからない、かかってもひどくならない」は、まだまだ未知のウイルスであり、どう変化していくかわかりません。

また、変異株も出現しており、まだまだ研究が必要とされています。基礎疾患がある人は重症化すると言われていたのも、過去のこととなってきています。また、もし感染してしまった場合、後遺症も残ると言われています。色々な情報を総合的に考えても、ワクチンは必要であると私は結論を出しています。

 

私の好きな柔道を続ける為、観戦するために、みんなでコロナに対しての考えを深め、一人でも多くの感染者を減らし、生活様式は変わるかもしれませんが、不安のない笑顔あふれる世の中になればいいなと考えています。

 

*************************************************

ツカザキ病院とお友達になりませんか?ツカザキ病院とLINEでお友達になると… 
休診案内や、お役立ち情報、喫茶パルミエで使えるクーポン等々
最新情報をお届けいたします(*^▽^*)

\ タップしてツカザキ病院とお友達になる /

友だち追加