姫路市の総合病院「ツカザキ病院」|看護師採用サイト

【既卒の方用】応募申込フォーム 【既卒の方用】応募申込フォーム
【新卒の方用】応募申込フォーム 【新卒の方用】応募申込フォーム
079-272-8555
お申込
Top > 看護師ブログ > 看護部長のつぶやき > 第144話 看護部長のつぶやき39「9月9日の救急の日にちなんで・・・」

看護ブログ

2019年9月25日
カテゴリ: 看護部長のつぶやき

第144話 看護部長のつぶやき39「9月9日の救急の日にちなんで・・・」

~看護部長が看護にかかわるさまざまな「気になること」を
                    不定期につぶやき、発信するページです。~
皆さま、こんにちは。河本智美です。

朝夕の冷え込みが秋の深まりを感じさせてくれますが、皆さまいかがお過ごしですか?体調を崩しやすい気候ですので、ご注意くださいね。
ところで、99日は救急の日でしたね。その日にちなんで、イベントが二つあったのでご紹介します。
 
 
一つ目は、「令和元年度 兵庫県医師会救急医療業務功労者表彰式」についてです。表彰式は911日に神戸市の兵庫県医師会館にて行われました。当院看護部の准看護師 井口千恵子さんが表彰され、10名の受賞者の代表として謝辞を述べられました。井口さんは46年間当院の外来で救急業務に従事され、定年後も継続して第一線で活躍されています。その傍ら、後進の育成にもご尽力いただいており、当院にとっては、なくてはならない存在です。今後もご自身の健康に留意していただき、ますますのご活躍に期待しています。 
二つ目は、「姫路プレホスピタル連携訓練」への参加です。915日に姫路市防災プラザにて開催されました。参加は4施設で、姫路医療センター・姫路赤十字病院・製鉄記念広畑病院と当院でした。それぞれが管轄の消防署と連携してチームを組みます。当院からは救急科の板垣医長、研修医の河野医師、救急外来看護師3名が参加しました。多発外傷事例や心停止事例など3つの課題にそれぞれのチームで関わり、点数を競う競技です。実際の臨床現場さながらの緊迫した空気感があり、見学しているこちらも緊張が伝わりました。残念ながら、1位は逃しましたが、参加メンバーは清々しい顔つきでした。忙しい業務を終えた後、何度も練習を積み重ねた本番までの過程ではたくさんの学びがあり、また消防隊員とのコミュニケーションも図ることができ、有意義なものになったと思います。今後の救急医療にきっと活かせることでしょう。期待しています。
看護部長に就任し8月から4年目に突入しています。これらのイベント通じて、私自身も刺激をいただき「がんばらなくっちゃー!」と改めて決意を致しました。(*^^)v