姫路市の総合病院「ツカザキ病院」|看護師採用サイト

【既卒の方用】応募申込フォーム 【既卒の方用】応募申込フォーム
【新卒の方用】応募申込フォーム 【新卒の方用】応募申込フォーム
079-272-8555
お申込
Top > 看護師ブログ > 看護部長のつぶやき > 第124話 看護部長のつぶやき34「平成最後の」

看護ブログ

2019年4月30日
カテゴリ: 看護部長のつぶやき

第124話 看護部長のつぶやき34「平成最後の」

~看護部長が看護にかかわるさまざまな「気になること」を

                    不定期につぶやき、発信するページです。~

 

皆さま、こんにちは。河本智美です。
G.W真っ只中の本日は430日です。当院は、430日、512日は外来診療をしています。通常とは変更がありますので、来院される方はご注意ください。当院の新人看護師は、G.W明けまで新人研修を行っています。様々な知識や技術を講義や演習で振り返り、グループワークで深めています。瞳を輝かせて学習する姿は、頼もしくもあり今後の成長が楽しみです。
 
さて、明日(51日)は、「即位の日」ということで、「平成」から「令和」の始まりとなりますね。先日、「オリコン平成ランキング」で「平成No.1ヒット曲」が発表されていました。さて、どの曲が浮かびますか♪♪♪?そうです!!「世界に一つだけの花」です。「世界に一つだけの花」はドラマの主題歌で、槙原敬之さんの作詞作曲です。一人ひとりの個性を花に見立てた「No.1よりオンリーワン」という歌詞に多くに人が共感し、世代を超えた大きなヒットとなった曲です。

また、41日の新年号発表時には、安倍晋三内閣総理大臣が記者会見において、この曲に触れておられましたね。「元号選定にあたっての『令和』を担う若い世代への思い」を聞かれ、「平成の時代のヒット曲に『世界に一つだけの花』という歌がありましたが、次の時代を担う若者たちが、明日への希望とともにそれぞれの花を咲かせることが出来る。そのような若者たちにとって希望に満ちあふれた日本を国民の皆さまと共に作り上げていきたいと思っています。」とコメントされています。

まさに、記録、記憶ともに「平成」を代表し「令和」への橋渡しをする楽曲と言えますね。発売当時のインタビユーで中居正広さんは、「出るタイミングだとかその時の日本の状況とかでこういう結果になったと思う。曲に恵まれたというのもありますし、いろんな運命的なものが(あった)」と答えているそうです。

「看護」という舞台で、時には悩み苦しむこともありますが、その山を乗り越えたとき、一回り成長した自分があることを信じ「感謝」の気持ちと「謙虚」な姿勢を忘れず、日々切磋琢磨してほしいと思います。ただ、いろいろな意味で「タイミング」は決して逃してはいけないですけどね~。(笑)まだ、新人看護師には難しいですが・・・。新人看護師の研修風景を見ていて、ふと・・・そういう気持ちになりました。(^^)y-.o