姫路市の総合病院「ツカザキ病院」|看護師採用サイト

【既卒の方用】応募申込フォーム 【既卒の方用】応募申込フォーム
【新卒の方用】応募申込フォーム 【新卒の方用】応募申込フォーム
079-272-8555
お申込
Top > 看護師ブログ > 看護部長のつぶやき > 第118話 看護部長のつぶやき33「伝説のOP看」

看護ブログ

2019年3月29日
カテゴリ: 看護部長のつぶやき

第118話 看護部長のつぶやき33「伝説のOP看」

~看護部長が看護にかかわるさまざまな「気になること」を

                    不定期につぶやき、発信するページです。~

皆様、こんにちは。河本智美です。
3月ももうすぐ終わりです。季節柄、「別れ」は尽きないものです。先日、当院にとって偉大な方の定年退職による送別会が行われました。院長はじめ、副院長や各診療科の医師、各部署長や主任などが参加しました。40年以上にわたり当院一筋で医療の道を歩んでこられ、看護師でありながら病院のため決意し、白衣を脱ぎ事務部長になられました。手術室師長の時から、数々の業績を残され「伝説のOP看」とも言われています。事務部長に就任されてからも、無理難題を次々と解決され、当院への貢献は計り知れないものだと思っています。

 

誰にも負けないと誓ったあの日から きっと戦っていた敵は自分で
 限界まで努力できる才能だけ ずっと胸の奥で信じていた
 いつも一人じゃないから そう何度も何度も立ち上がって 同じ夢を 追いかけた
 いつか この涙が この仲間と 過ごして ぶつかり合った日々が 勲章に変わる 
 今は この涙に似合う言葉は ないから 何も 言わないで肩を 抱きしめていよう
 
 高い場所からしか見えない景色は いつも壁を登った先にあった
 想像できる未来には興味などなくて ずっと熱い目で夢を見てた
 やがて不可能が可能に ほんの少しずつ変わっていく 青すぎる時の中で
 いつか この涙が この仲間と 出会えて 信じあえた日々が 勲章に変わる 今は
 この涙に似合う言葉はないから 何も 言わないで肩を 抱きしめていよう
 
 世界で一番 悔しがることが出来たら 世界で(そう誰よりも君が)
 一番(努力していたから) 君は輝いている
 いつか この涙が この仲間と 過ごして ぶつかり合った日々が 勲章に変わる
 今は この涙に似合う言葉はないから 何も 言わないで肩を 抱きしめていよう
 ああ この笑顔が この仲間と 出会って 信じ合えた日々が 勲章に変わる 今は

 

 この終わりのない 自分への挑戦の 先に 眩しい未来が 待っているから

事務部長の退職は、正直・・・当院にとって本当に「痛手」だと私自身は感じています。悲しくて、夢であってほしいと何度も願っていました。しかし、18歳から「何くそっ!」という想いで、一心不乱に全力投球で走り続けられた事務部長。これからは、第二の青春を謳歌してくださいね~。「ツカザキ愛」「看護のスピリッツ」は、私たちが責任を持ち、継承していくことをお約束します。 (^^

引用:Little Glee Monster 「いつかこの涙が」