姫路市の総合病院「ツカザキ病院」|看護師採用サイト

【既卒の方用】応募申込フォーム 【既卒の方用】応募申込フォーム
【新卒の方用】応募申込フォーム 【新卒の方用】応募申込フォーム
079-272-8555
お申込
Top > 看護師ブログ > 日常のひとこま, 看護のお仕事 > 第180話 日常のひとこま30「チーム力」

看護ブログ

2020年4月22日

第180話 日常のひとこま30「チーム力」

~師長・副師長・主任Nsが 日々あふれている「日常ひとこま」を不定期につぶやき、発信するページです~
 

みなさん、こんにちは。SCUの渡部です。
新年度が始まり、SCUにも看護師4名が配属されました。これから本格的に病棟での勤務が始まり、SCUにも新しい風が流れることを楽しみにしています。

 

さて、先日久しぶりに息子のサッカー観戦に行ってきました。新型コロナウィルスの影響で、規模は縮小されたものでしたが、中3にもなると迫力のあるサッカーです。近くで観戦していると、お互いパスを要求したり、励まし合ったりしている声がしきりに聞こえてきます。特にキーパーの子は後からみんなの動きを見て、的確な指示を大きな声でしています。まさにチームです。

 

チーム力」は私たち看護師にとっても、とても大切なことです。SCUは12人の患者様をワンフロアで看護しています。その日その日で担当の患者様は決まっていますが、みんなで情報を共有し、チームとして看護ができるよう努めています。
「チーム力」を高める方法の一つとして、「ショートカンファレンス」を行っています。その日出勤のスタッフが集まり、患者様について「どうしたらご飯が食べられるようになるかな」「眠れていないみたいだからこうしたらどうかな」「こんな状態なのはどうしてかな」などみんなで考えています。患者様のケアがより良いものになるよう、ディスカッションをしたり勉強会をしたりする大切な時間です。

慌ただしい毎日ですが、これからも「チーム力」を高められるように頑張って行きたいと思います。そのために息子のサッカーチームに負けないぐらい、スタッフ同士で意味のあるコミュニケーションをとって行きたいと思います。