血栓回収療法

血栓回収療法

概要
脳梗塞は脳血管が詰まることによって血液が流れなくなることで、脳細胞が死んでしまう病気です。脳梗塞治療では1分でも早く血管を再開通させることが、後遺症を少なくするために最も大切なことです。血管を塞いでいる血栓を溶かして、血液が再び流れるようにするのが、tPA静注療法です。発症から4.5時間以内の急性期脳梗塞に対するtPA静注療法は、現在標準的な治療として広く行われています。しかし、tPA静注療法は再開通率が低いこと(約30~40%)や適応時間が短いことが問題であり、その適応患者も限られています。
そこでtPA静注療法によって症状の改善が認められない場合や治療の適応外の症例に対して、カテーテルを用いた脳血管内治療が行われるようになり、最近では血栓回収デバイスによる血栓回収療法が注目されるようになってきました。
脳梗塞の血管内治療は、発症後8時間以内の患者さんが対象となります。カテーテルを足の血管から挿入して、頭の中の脳血管へ進め、血管を塞いでいる血栓を回収し、閉塞した脳血管を再開通させます。
手術方法

径が1mm以下から3mmの太さの、全長150cm前後のカテーテルを、主に足の付け根から血管の中に挿入して行います。詰まっている血栓を、カテーテルを用いて吸引したり、金網の筒のようになっている血栓除去デバイス(ステント)を用いて、回収除去したりすることで再び脳血流を開通させることを目的とします。

2018年 脳血管内手術件数内訳 件 数
経皮的脳血管回収術 82件
脳血管内手術(コイル塞栓術) 44件
経皮的頸動脈ステント留置術 48件
血管塞栓術 11件
経皮的脳血管形成術 45件
その他 26件
総件数 256件