病院見学
お問合せ

眼科の魅力


ツカザキ病院眼科 主任部長 田淵 仁志
主任部長から
白内障手術は、「最も成功した外科手術」とされます。手術手技は洗練されスマートで、自分が執刀した患者さんが笑顔で診察室に入ってくる瞬間に手術の成功が分かるほど効果絶大です。手術を求める患者さんが大変多く、手術技術習得の努力は必ず報われます。生死や激しい疼痛が関わる状況ではなく、しっかり覚醒した(awake)患者さんに十分に納得してもらいながら治療ができることにも私達は大きな魅力とやりがいを感じています。
ツカザキ病院眼科 主任部長田淵 仁志

チーフドクターから

品質管理
チーフドクター
山内 知房

山内  知房 山内  知房 白内障の手術は、最短で手術が終了したその場で患者様の視力が抜群に改善することもあります。患者様に非常に喜んでもらえることが多いという意味でやりがいを感じる瞬間が多い科と思われます。また、OnとOffがはっきりとしている科でもあり、自分の時間をきっちりと確保したうえで仕事に邁進するワークライフバランスを重視することができる科だと思います。

涙道疾患
チーフドクター
今村 日利

大杉  秀治 大杉  秀治 近年の日本では涙道内視鏡の普及により、涙道疾患に対する診断・治療が進歩してきており、専門家への期待が高まっています。また、涙のう炎や涙小管炎といった涙道感染症は、白内障手術などの際に眼内炎を引き起こす原因となるため、適切に治療しておかなくてはならず、専門家の役割は重要です。マイナー科である眼科の中でもニッチな分野であり、だからこそ魅力がある分野と言えるでしょう。

糖尿病網膜症
チーフドクター
大原 在元

大原  在元 大原  在元 他の科と比較しても圧倒的に手術症例が豊富なので、手術がしたいという方には最も眼科がおすすめだと思います。私は糖尿病網膜症を専門として見ていますが、糖尿病網膜症は日本の中途失明原因の上位であり、失明につながりうる病気です。何とか困難を乗り越え、失明が回避できた時の達成感はひとしおです。

斜視領域
チーフドクター
清水 有紀子

清水  有紀子 清水  有紀子 眼は脳の一部で非常に重要な感覚器官であります。眼から入る情報は、全ての情報のおよそ8割ともいわれています。眼科の魅力としてあげられるのは一つ目には診断から治療までを完結することができる科であることでしょうか。QOL改善型の診療科であることから、患者様自身から直接感謝されることが多く、患者様の喜びを医療者としてダイレクトに感じやすい科でもあると思います。

網膜血管閉塞疾患
チーフドクター
永里 大祐

永里  大祐 永里  大祐 患者様に感謝してもらいやすい、こちらが患者様が喜んでいることを実感しやすい科だと思います。私は網膜血管閉塞疾患を専門として見ています。完治はなかなかしませんが、時間をかけて徐々に改善していく中で、見えるようになっていく、症状が改善していく喜びを患者様と共に感じあえる瞬間を非常にうれしく思います。

眼瞼疾患
チーフドクター
清水 好恵

松葉  真二 松葉  真二 睫毛一本が眼球に触れていても気になることは容易に推測できると思いますが、種々の内反症、視機能に影響する眼瞼下垂などの眼瞼疾患の背景には眼窩疾患、脳神経系疾患、筋原性疾患、炎症性疾患や内分泌疾患なども隠れていることがあり鑑別診断が重要になります。的確な診断後に適切な治療を選択していくこと、個々に対応し努力を重ねていくことが患者様に喜んでいただける結果に繋がっていく分野と考えます。