ページトップへ

当院へのアクセス 079-272-8555
三栄会のご紹介
文字サイズ
検索
079-272-8555
アクセス

リハビリテーション科 WEB見学会 リハビリテーション科 WEB見学会

Top > 部門のご案内 > リハビリテーション科 > WEB見学会

ごあいさつ

科長 島谷 健太郎 写真
コロナ渦での就職活動をされておられる皆様、大変ご苦労様です。
今年は例年どおりの病院実習を行うことが出来なかったり、
病院見学も行いにくい状況で戸惑っておられる事とお察し致します。
当院ではホームページを見直し「現場の情報」を増やす事で
少しでも皆様に当院リハビリテーション科を知って頂き
御縁に繋がればと思っております、宜しくお願いします。
科長 島谷 健太郎

ごあいさつ

1
脳血管疾患をはじめ、運動器疾患・心臓・呼吸・がんのリハビリテーション等
様々な疾患のリハビリを学び経験出来る事。
2
「高度急性期」「一般急性期」「回復期」「生活期」の病床や機能を同一敷地内に
有している事で発症直後から在宅生活までを患者さん・ご利用者さんと伴走出来る事。
3
各疾患事に編成された「専門チーム」の一員として、経験豊富な指導者のもとで
「見学・模倣・実施」と段階的に学ぶ体制が整備されている事。
様々な疾患・病期を
「経験豊富な指導者」のもとで共に学べる事は
「新人・キャリアアップを図りたい」皆さんに
とっても最高の環境ではないでしょうか。
患者・利用者さんの生活の再建を図る為の3つの取り組み
1
質の向上(EBMの実践)

EBMに基づき「患者さんに最も適した」練習方法を選択・実施する事を基本とし、各種ガイドライン等から修得すべき知識や技能を共有しスタッフ教育にも使用します。
2
チーム医療の実践(しているADLの向上)

「出来るADL」を向上する事と並行して「しているADL」を増やすことが更なる機能改善や能力向上に繋がるものであると認識しています、その為に医師・看護師・管理栄養士・ケアワーカー・MSW等と「多職種連携」に取り組んでいます。
3
入退院支援(生活の視点)

入院数日の内にご本人・ご家族より入院前の生活状況や家屋状況を聴取し必要に応じて家屋調査等も行います。入院早期から「生活の視点」を持ったリハビリ計画を立てることで早期の在宅復帰・社会復帰を支援しています。
当院リハ科の「特徴・魅力」「3つの取り組み」に
興味・共感頂けた皆様へ
患者さん御利用者さんの「その人らしい
生活の再建」の為に一緒に努力していきましょう。
見学のご連絡をお待ちしております。

リハビリ室を覗いてみよう リハビリ室を覗いてみよう

[クリックで拡大表示します。]
リハビリテーション科WEB見学会「見たい!リハビリ室」 リハビリテーション科WEB見学会「見たい!リハビリ室」
リハビリテーション科 採用応募フォーム リハビリテーション科 採用応募フォーム
地域の先生方へ(紹介手順)