ページトップへ

当院へのアクセス 079-272-8555
三栄会のご紹介
文字サイズ
検索
079-272-8555
アクセス
若手整形外科医のCASUAL BLOG
Top > 若手整形外科医のCASUAL BLOG > 研修医ドラフト会議

アーカイブ

  1. 2020
  2. 2019
2020.03.14

研修医ドラフト会議

 ツカザキ病院 整形外科 松村です。今回は研修医の話。
今年度は2名の初期研修医が整形外科をローテーションしてくれました。
2人とも研修医2年目だけあって、医師として必要な基本的な知識や手技はできるようになっており、整形外科をローテーションしてくれた際の最後の1ヶ月は、ほぼ医局員の1人というくらいの働きをしてくれていたと思います。
彼らはツカザキ病院で初期研修医を2年間するというコースであり、しっかりと各科で研修し力をつけていると感じました。大学病院に比べると小さな病院ではありますが、その分各科の垣根も低く、医局も全科の先生と同じ部屋です。困ったことがあればすぐに聞けるということも研修にとって良い環境なのではと感じます。各科の先生は人柄も良い先生ばかりですので、見ていてのびのび研修しているように思います。
上級医:「検査データー確認して、点滴だしといて」
研修医:「ういっす。オッケーです。任しといてください!」
みたいな軽い感じで言うので(笑)はじめは心配でしたが、しっかり全身管理が任せることができるので本当に助かりました。

 私は大学病院で研修しましたが、やはり自分で考えてやっているつもりでも、良い意味では上級医に守られているのですが、悪い意味では過保護になっており、それに甘えて自分で考えず言われた通りにやっていたことも多かったように思います。ツカザキ病院で研修を積んだ彼らは、忙しい病院ですので、比較的初期研修医に任せられることも多く、自分で考え、そして実践しているので自然に力がつくのだと思います。本当に優秀な研修医ですので、是非整形外科に来て欲しいということでお願いしておりましたが、彼らはそれぞれ違う科に進むようです。悲しいですね(笑)。

 以前から勝手に思っていたことなのですが、研修医ドラフト会議があったらおもしろくないですか?(笑)研修の最後に各科で選択希望医師を各科が選出して、重複した場合は抽選で交渉権を獲得し、交渉によって入局が決まるっていう制度です!もちろん入局拒否権はあります(笑)どこの科からも選択されなかったらどうするのですか?選ばれるように頑張るのです!(笑)まだまだツカザキ病院はこれから大きくなりますし、これから研修医の先生が増えると思いますので是非多くなった場合は院内研修医ドラフト会議を行い、優秀な整形外科専攻医を獲得したいと考えております(笑)。
今年の彼らは二人とも本当に優秀ですので甲乙つけがたいです!あえて今年の整形外科 第1巡目 選択希望医師を発表するとすれば……

 ここで発表するのはやめておきます!
 ではまた!

地域の先生方へ(紹介手順)