ページトップへ

当院へのアクセス 079-272-8555
三栄会のご紹介
文字サイズ
検索
079-272-8555
アクセス
1日25時間働く循環器内科部長BLOG
Top > 1日25時間働く循環器内科部長BLOG > 素敵な体験でした。

アーカイブ

  1. 2018
  2. 2017
2018.02.02

素敵な体験でした。

こんにちは。楠山です。寒い日が続きますね。東京ではニュースによると先日は大雪で大変なことだったそうです。姫路でも昼に雪が舞って、車が「カチンコチン」になってしまって震えながら氷が溶けるのを待っていました。

その寒い中、楠山は東京出張をしておりました。今回「だけ」は非常に以前から楽しみにしていた出張でした。今回、御縁あってテレビに出演させていただくことになったんです。ある日、とある会社の方から「木佐彩子さんとの対談形式で虚血性心疾患に関してお話ししてみませんか?」と。
木佐彩子さんと言えば私が若い頃に「プロ野球ニュース」でよく見ていた方です。その時から「素敵な方💛」と見ていたのを覚えています(ニュースを聞いていたか?それは大きな良い質問ですが・・・回答は黙秘します!)。
勿論、一度は「私なんかで良いんですか?」と言いながらも当然ながら二つ返事でお仕事を受けさせていただきました。

一度プロデューサーの方が当院に取材においでになりました。その方は医学系の番組を長く手がけてこられた方で、びっくりするほど医学知識をお持ちで詳しいのです。なぜか初めてお目にかかったのに盛り上がりました。子供の時はピアノの発表会、学生時代はオーケストラ、最近は地域の講演会やWeb 講演会でお話させて頂くのは慣れているはずなのですが、緊張しました。
3分の対談なのですが、行きの新幹線の中で原稿を読み合わせていると3分に入らなかったり詰まったりするのです。なんとか感触は掴めたのですが、不安一杯の状態でスタジオに入りました。
私は学生時代からテスト前までがとてもイヤでした。やってもやっても完璧にならないですもん。一旦テストが始まってしまうともうどうしようもないですし、前に進むしかないですもんね。
控え室で新しい靴に履き替え、係の方に「行きましょうか」と言われて「とぼとぼ」スタジオに入ると木佐さんがいらっしゃるのですよね。テレビ収録のスタジオって初めてなんですが、収録するセットの横で打ち合わせが出来るようになっています。そこでホントの木佐さんにお目にかかったのですが、

美しい・・・。とても優しい、笑顔のチャーミングな方でした。セットと比べると打ち合わせの場所は暗いのですが、木佐さんの周りだけ輝いていましたね。当たり前ですが、とても緊張していたのです。でも御挨拶したりしている間に何故か緊張が解けていくんです。多分、木佐さんを始めスタッフの皆さんの優しさでしょう。とても有難かったです。

正直に直接木佐さんに「プロ野球ニュース見てました」とも言えましたし(笑)。
打ち合わせの時も木佐さんの明るい雰囲気で上手く出来るような気がしてくるんです。人間って不思議ですよね。私も指導医としてあのように優しく研修医の先生やスタッフの緊張を取ってあげられるようにならないといけないですね。

ただ、一点だけ打ち合わせ中に「打ち合わせの時からプロデューサーのHさんと非常に楽しくお話できまして・・」とお話しすると「え?」って皆さんがHさんの方を向くんです。Hさん「相性がありまして・・・」と渋くウィットに富んだ返しをしてくれたのですが・・・。そこだけが打ち合わせで唯一詰まった所でした。あの発言は皆さんにとって珍しかったのでしょうか?

あっと言う間に打ち合わせも終わり、セットの中に入ります。ライトってすごいですね。オーケストラ時代のステージライトとは全く異なります。とても明るいんです。スタッフの方にマイクをつけて頂いてセットの中に入りました。暗い中から光の中に出ていく。舞台袖の暗いところから舞台へ出ていくあの緊張と同時に心地よい感じを久しぶりに味わいました。アレ、癖になるんですよね。

光らないようにメイクを少しして頂いて(慣れないから変な感じ)、髪型をチェックしてもらって撮影開始です。原稿を少し「ちらっ」と見たり、木佐さんの目を見たりして一生懸命対談しているのですが、頭の片隅で「なんか夢みたい」と感じていました。妙に現実味がなくてフワフワと少し浮いている感じです。

皆さんのアットホームでなんとなく「あげあげ」の雰囲気の中でリハーサルの後、通しで本番終了。チェックして頂いている間に。木佐さんと少しお話させて頂きました。木佐さんからアナウンサーのこと(原稿3-5行ぐらいは覚えることが出来るそうです。スゴイ) を直接伺ったり、収録と生放送の違いなど、短いながらも楽しい時間でした。
1か所だけ取り直しをさせて頂いて終了です。なかなか完璧にお話するのは難しいですよね。

時間としては30分程度の時間ではありましたが、あっと言う間の夢のような時間でした。スタジオから品川に帰るタクシーの中では緊張が解けたからか、「ドッ」と疲れが出たのでしょうか。無言で車窓を見ながら品川駅まで搬送されておりました。
新幹線の中でリラックスのためにこんな感じでいつもは買わない「ロング缶」を買って一口。オーケストラの本番後のビールの美味しさを思い出しました。うまーい。プハーッ、と品無い楠山と化しておりました。
名古屋で復活し今日の余韻が収まらない間にこのブログを書こうと思って筆を執った次第です。

楽しい夢のような時間を木佐さん始めスタッフの方、ありがとうございました。またこのような機会を与えて下さった皆さんにも大感謝です。でもこれは夢じゃなくて現実なんですよね。だって、木佐さんのサインを頂きましたもん。

今日のイベントの思い出を支えに仕事、頑張れそうです。これからも色々な方との御縁を大切にしていきたいですね。

 

最後に折角ですから、番組の御案内を(関係各所、どうぞ御容赦を)。

来る
2018年2月13日午後8時54分から午後9時BSジャパン(BSデジタル7チャネル) 
「教えて!ドクター。家族の健康」
 です。
もしお時間と御興味あればどうぞ御視聴下さい。私、どんな顔して映っているんでしょうね。コワいと共に楽しみです。

地域の先生方へ(紹介手順)