ページトップへ

当院へのアクセス 079-272-8555
三栄会のご紹介
文字サイズ
検索
079-272-8555
アクセス
1日25時間働く循環器内科部長BLOG
Top > 1日25時間働く循環器内科部長BLOG > 裏方さん大好き

アーカイブ

  1. 2018
  2. 2017
2018.10.29

裏方さん大好き

こんにちは。過ごしやすい季節ですね。私は秋の朝の「キン」と冷えた空気が好きです。玄関を出て深呼吸をすると自分の身体も心も清らかになる感じがします(そんなに楠山の内面は汚れているのか?ま、御想像にお任せします)。ただ人生、酸いも甘いも知った上でやっていかないとホントの意味での善悪は判断できないように思います。だって、完全純粋培養であったら悪い物を見ても理解できないですもんね。

さてこの時期はもう一つの試験を受けなければなりません。これは多分私ぐらいの年代の方は皆さん受験していると思います。何でしょうか?

そう!恐怖の衣替えです!昨年着る事が出来ていた衣類が今年も使う事が出来るのか?そのシーズン初めて袖、もしくは足を通してズボンの前を止めるとき、正にコレを試験と言わずして何をか言わん。審判の一瞬です。
私、所謂おばあちゃんっ子なので衣類は大切に使うように言われてきました。確かに皆さんから見るとズボラのレベルにあるのでしょうが、特に食事の時に前に食べ物を落として汚すと祖母に叱られたのを覚えています。小さいときの癖は抜けませんね。

この職業、特に循環器内科は私服で仕事はすることはないので、意外と私服は持つんですよ。

今年の結果は・・・。10年ぐらい前?に購入したズボンはついに腰回りがきつくなっていました。何とかはけそうですが、やはり中年太りになってきたのでしょうか。先輩が悩んでいたのを嗤った自分が恥ずかしい。背広は大丈夫でした。背広ももう8年ぐらいになるんでしょうか。でもちょっと余裕がなくなってきているので、ダイエットしないといけないですね。

服を合わせるより自分を合わせた方が経済的な問題も解決できますし、ダイエットのモチベーションになりますよね。ま、最も背広に関してはそろそろ年代も変わってきたので新調しても良いかもしれないですね。

さてそのような爽やかな秋のある日に、Web 講演会に声をかけて頂き、今年も身体が入ったその背広を着て東京へ行ってきました。最近、そのような機会を頂くことがしばしばあり、色々な方との出会いを頂きます。でも発表会のような緊張をしながら東京に向かっておりました。

さてとある会社の本社内にあるスタジオに入りスタッフの方と御挨拶、と思ってお顔を見ると何故かどこかでお目にかかった方がスタッフでいらっしゃる!そうです。姫路で同じようなWeb講演会をしたときにいらっしゃった方でした。私もすぐに気付きましたし、先方も私の事を覚えて下さっていました。
その講演会では本番中にパソコンの調子が悪くなって「ヒヤッ」とした時もサポートして下さった方です。

オーケストラなんかを見ていますと、舞台上の演奏者がどうしてもクローズアップされますが、実はそこには照明・音響・反響板・楽器搬送・ステージマネージャーなど係がたくさんあり、舞台に出てこない方がいるからこそ良い舞台は成立します。

有難いことに学生時代にオーケストラでステージマネージャーをさせて頂いていたので、その裏方さんの重要性、上手くいったときの嬉しさはとてもよく分かります。
学生ステージマネージャーとしては小さなトラブルを克服しながら、リハーサルから最後までタイムコース通りに進んで、最後にホール駐車場から出るときは非常に大きな満足感を持って花束に埋まった車を運転していました(私の花束ではありません。これは後日書きます)。
更に学生オケでは同じホールを使う事が多いので、舞台スタッフの方と顔見知りになると更に色々と手伝ってもらえるんです。人間関係って不思議ですよね。自分が好感を持っている人には何かしたくなる、勿論逆もまた然りです。

この点が仕事というものが単純にビジネスライクに進まない所なんでしょうね。
数学的には1+1=2 ですが、1+1=3 や1+1=7 になることもあれば、1+1=0のこともありますよね。1+1=10 ! にすることがチームダイナミクスの真骨頂です。

さてWeb講演の場合は面識が無い場合はスタジオの仕組みやキューの出し方、スケジュールを打ち合わせするのですが、その日は「あー!」と言ってそのまま簡単な説明を受けて時間を待ちました。

その待ち時間もみんなでフランクなお話で緊張せずに講演会開始の時間を待つことができましたし、講演会も緊張せずに一体感を持って、自然な形で入っていくことができました。ね、同じ事をするのに一緒に仕事をする人によって、環境・出来が違う。勿論、仕事である以上プロですので、どんな状況であってもある水準は満たさなければならないことですが、皆さんも御存知のように仕事の楽しさが違いますよね。

 

どうせ仕事するなら楽しく仕事をしたいですし、それが良い仕事を産む重要な因子です。その日はみんなのお陰で自分では満足できる出来でした。嬉しくなって最後にスタッフみんなで記念撮影をしました。

「えー、今回は某T社(流石にイニシャルでご勘弁)主催 Web 講演会、V-Cubeさん と楠山でお伝えしました!」 なんてね。

急に寒くなってきました。当科の救急も非常に重症な方も出てきています。寒暖の差に気をつけて下さいね。

地域の先生方へ(紹介手順)