ページトップへ

当院へのアクセス 079-272-8555
三栄会のご紹介
文字サイズ
検索
079-272-8555
アクセス

ツカザキヘルスラボ

Top > コラム(ツカザキヘルスラボ) > 早期受診のすすめ~コロナ禍で病院に行けないあなたへ~
ツカザキ病院 LINE公式アカウント
2021.11.26

早期受診のすすめ~コロナ禍で病院に行けないあなたへ~

みなさんこんにちは!ツカザキ広報編集部です!(*’ω’*)
コロナ禍で生活のあらゆることが制限されています。皆さん、受診も制限されていませんか?

今回はツカザキ病院 消化器内科 主任部長 藤田欣也医師による、
「早期受診のすすめ~コロナ禍で病院に行けないあなたへ~」を動画でご紹介いたします。

※動画には音楽・音声が入っております。再生場所や音量にお気をつけください。wifi環境での閲覧を推奨します。

 

早期受診のすすめ

 

動画を見ることができない方のために、動画の内容を文章で読んでいただけるよう内容を解説しています。

 

受診が遠のいている方、おられませんか?

ツカザキ病院消化器内科の藤田と申します。
コロナのこういう時期ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。皆様、そして皆様にとって大切な方が健康で生活されますよう、職員一同心から願っております。

・コロナで受診のタイミングがなかなか取れない方
・受診が遠のいている方
・定期的な内視鏡の検査から遠のいている方
・症状があるのにずっと我慢している方

おられませんか?そういう方々がおられるということを最近、見聞いたします。皆さん体調は大丈夫でしょうか。

 

内視鏡検査で早期発見を

当院では、年々内視鏡の検査・治療の件数が増えています。
お腹を切らずに、胃や大腸の腫瘍を内視鏡で切除して治癒が期待できるような治療※の件数も当院では年々増えてきています。
※内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)

幸い、食道・胃・大腸にできる腫瘍は食べ物が通る側すなわち、内視鏡で観察して見える側にできることがほとんどです。
つまり、検査を受けていたら早期で発見することも十分可能です。早期で発見されたら、先ほど申し上げたような内視鏡治療(ESD)を使って、たとえ悪い細胞が入っていても早期であれば内視鏡で切除することで治る方もたくさんおられます。

 

内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)ってどんな治療?

①がんの範囲を確実に診断し、マーキングします。
②がんの下にヒアルロン酸などの液体を注入します。
③電気メスでマーキングの外側を切開します。

④がんの下を電気メスで剥離すると
⑤完全に剥離され、確実に切除が完了します。
⑥切除部に出血があれば止血し、がんを回収します。

 

コロナのこういう時期だからこそ、定期的に検査を受けておられる病院があればその病院・あるいは医院。またはかかりつけの先生にご相談されてください。
皆さんが安心して生活できる日が来ることを心から待っております。

それでは皆さん、お身体を大事にしてください。消化器内科の藤田でした。

 

まとめ

コロナで受診が遠のいている方は、定期的に検査を受けている病院・医院・かかりつけ医にご相談ください。
早期受診・早期発見を目指し、今の時期だからこそ受診をおすすめしています。

 

~大腸カメラ内視鏡検査の早期受診のすすめ~の記事は下の画像をクリック!

 

この記事が気に入ったらお友達にシェアしよう!

 

ツカザキ病院とお友達になりませんか?
LINEでお友達になると… 
休診案内や、お役立ち情報、喫茶パルミエで使えるクーポン等々
最新情報をお届けいたします(*^▽^*)

\ タップしてお友達になる /

友だち追加

ツカザキ病院 LINE公式アカウント
地域の先生方へ(紹介手順)